黒ひげは人気はないがONE PIECEの面白さを左右する重要キャラ


ONE PIECEキャラクター人気投票黒ひげマーシャル・D・ティーチは、ONE PIECEの中でも特別に重要なキャラクターの一人です。

エースが死ぬ原因を作った張本人であり、ルフィの宿敵であり、一説によると、海賊王になるのは黒ひげだとも言われ、ラスボスになるとも言われています。
「黒ひげは人気はないがONE PIECEの面白さを左右する重要キャラ」の続きを読む…

ONE PIECE名言特選№1「人の夢は!!!終わらねェ!!!!」


ONE PIECEの作中では、魅力的なキャラクター達が、数々の名言を残していますが、その中で私が最も好きなのがこの言葉です。

人の夢は!!!終わらねェ!!!!

人の夢は終わらねェシンプルでダイナミックな一言です。

そして、ルフィ達がベラミー一味からああいった仕打ちを受けていた最中だからこそ、この言葉に深みが出ます。

海賊が夢を見る時代が終わったというセリフの元で、外見も内面も寂れたあの町で、黒ひげという存在は異質な存在でした。

また、大悪党であり、ルフィの宿敵であり、カタキとなる男があのような発言をすることに大きな意味があると思います。

当時のベラミーはルフィが相手にするまでもない小物だったわけですが、それに比較して当時から大志と夢を抱く黒ひげは、ルフィにとって非常にインパクトを与えたはずです。

だからこそ、インペルダウンでルフィ黒ひげと再開した時に、その時の回想シーンが出てきたのです。

ここでただ「夢」と言ったのではなく、「人の」と付けている所にも深い意味があると思います。

人というものは、動物と違う夢を持ちます。

おそらく動物も睡眠中にレム睡眠の時に見る「夢」は見るんじゃないかと思います。

ですが、人間は、その睡眠中の夢を夢と呼ぶだけでなく、将来実現させたいと思っていること、願望、願い、将来達成したい目標のようなもの「夢」と言います。

実現させたいと願っているもの、欲求しているものがだとするなら、というものは人にとって生きがいであり、行動の原動力とも言えるはずです。

将来こうありたい!将来こうなりたい!将来これがほしい!という欲望は、人を行動に駆り立てる力となるはずです。

なので、逆に言うと、というものは失った人生というのは、本当に力の出ない、面白くないものになるはずです。

恐らく黒ひげは、噂では海賊王になるという話もあるくらいなので、ONE PIECEのラスボスになるんじゃないかと個人的には考えています。

そして黒ひげは実在した最強最悪と言われた黒ひげ(エドワードティーチ)をモデルとしています。

つまり、超重要かつ大物でありつつ、大悪党のキャラなのです。

作中でそういう立ち位置である黒ひげのこの言葉は正にONE PIECEと言う作品を象徴するような名言だとも思います。

また、味方や仲間ではなく、悪役、敵役である黒ひげがこのような発言をしたことにONE PIECEの世界のメンタル的な意味での広さや大きさを感じました。

後のルフィ黒ひげの再会が楽しみです。

海賊王になるのはルフィじゃなかった!?


最近ネットサーフィンしながら知ったのですが

「海賊王になるのはルフィじゃない!」

と考えている読者が意外と多いようですね。

ファンの間で黒ひげが海賊王になるという予言のような噂が上がっています。

何を根拠にそんな噂が出てきているのか知りたい場合、以前書いたこちらの記事を参照して下さい。

で、実際どうなんでしょうか?

今日は私の個人的な考察を話そうと思います。

kaizokuou0私は、やはり海賊王になるのはルフィである」と考えます。

理由をこれから書いてゆきます。

・・・

まず、例の2ちゃんねるに書かれたという予言のような書き込みには実は続きがあるらしいのです。

その続きとは?、、、

  • ルフィ達が古代兵器を手に入れる。

そして、

  • 海軍を落としてONE PIECEを手に入れ海賊王となった黒ひげと全面戦争をする。

というものです!

ドレスローザ編の後、ルフィ率いる麦わら一味は大海賊団になると言われていますので、つまりこれは大海賊団同士の全面戦争になる展開ということになります。

この続きの予言が正しいかどうかはまだ分かりませんが、これは面白いですし、私としても賛成したいです。

一度は黒ひげ海賊王になるにしてもやはり、「全面戦争」によってその黒ひげルフィが倒して、ルフィが最終的に海賊王になるということです。

やはり、夢を追い続けていたルフィが最終的に海賊王になることは読者も熱望しているでしょうし、そこは少年たちに希望を与えたい少年ジャンプのコンセプト的にもそうすべきだと思います。

いくら人気ナンバー1の漫画であっても、ジャンプの友情、努力、勝利という三大原則には、やはり一致させる必要があるでしょう。

いやむしろ人気ナンバー1の漫画だからこそ、そのジャンプテーマ、三大原則に一致すべきですし、最も王道を行かなければならないと思うのです。

友情、努力、勝利、、、そう、つまり最終的にはやはりルフィ達が勝利を勝ち取らなければならないのです。

kaizokuou何より、あのルフィの確信に満ちた決断は必ず実を結ぶと考えざるを得ないのです。

尾田先生は、ラストが最も盛り上がる漫画だと豪語しています。

そして、だからこそ、盛り上がるために、一度意外な展開として「黒ひげが海賊王になる」という展開を持ってくるのではないか?とも考えられないでしょうか?

黒ひげが海賊王になる?


2009年4月9日に2ちゃんねるで以下のような書き込みがあったそうです。

少し未来のワンピースを教えますね。
麦わら一味はバラバラになりますが、新世界に入る前に再会します。
四皇の一角、白ひげ海賊団の白ひげとエースは死にます。
新世界に入ったら麦わら一味は七武海のドフラミンゴと戦います。
大将の一人が元帥になってもう一人の大将が辞めます。
ルフィが死に別れたはずの兄弟と再会します。
また四皇の誰かが死にます。(これは言えません)
麦わら一味が大海賊団の一つになります。
黒ひげが海軍を落とします。
黒ひげが海賊王になります…が、そこから先は言えません。
(2ちゃんねるより転載)

roger1これを書いたのは編集関係者なのか、ただの一般の読者の予想なのかは分かりませんが、この書き込みが読者の間で再度話題になっています。

2009年のこの時期は、ジャンプ連載でも麦わら一味バーソロミュー・くまによりバラバラになるくらいのタイミングです。

このタイミングで白ひげエースの死、さらにはその後のことを予言しています。

そして、実際に今現在連載中の「ルフィが死に別れた兄と再会」するところまでこの書き込みの通りになっています。

ただ2ちゃんねるからのコピペなので、本当に2009年4月当時に書いたという確証はないです。

「2ちゃんねるってウソだらけ」という話もありますが、この書き込みばかりは、個人的にかなり気になっています。

何故かというと、この後のストーリー展開が、本当にこの予言の通りになりそうな気がするからです。

麦わら一味が大海賊団の一つになる

実際今の原作でのストーリー展開からすると、このドレスローザ編が終わったら、麦わら一味大海賊団になりそうな雰囲気です。

過去にドラム王国やアラバスタ王国でも仲良くなっていますし、魚人島もそうですし、過去にルフィに救われた国とか島は数多く、頂上戦争までにルフィと仲間のようになっている海賊団も本当に沢山あります。

そして、今のドレスローザの戦いが終われば、コロシアムに出場したキャラなど、仲間がさらに増えそうです。

あと個人的には、今のONE PIECEアニメのオープニングで流れる描写の中で麦わら一味全員が海賊らしい帽子をかぶって、立派な衣装を来ているのが気になります。

この描写は、麦わら一味大海賊団になる伏線で、現在の9名が大海賊団の幹部になるのではないでしょうか?

また、このオープニングでルフィ、ゾロ、サンジが元帥や大将と戦ったり、ルフィが黒ひげと対決するシーンが描かれているのも原作への伏線のように思えます。

麦わら一味が、今の小規模海賊団のままでは、今後物足りない気がします。

この小規模海賊団のままでルフィONE PIECEを手に入れて海賊王になるとは考えにくいです。

このドレスローザ編の後に、四皇の一角が落ちて、ルフィ四皇と呼ばれるようになるのかは分かりませんが、ルフィ海賊王になる前には、やはり「四皇と並ぶ」というステップは必要だと思います。

なので、生き別れた兄(サボ)との再会を果たした以後のストーリー展開も予言の通りになるのではないかと思うのです。

黒ひげが海軍を落として海賊王に!

これが今日の本題ですが、これはすごく信ぴょう性が高いと思います。

理由の一つとして、ルフィがそのまんまストレートに海賊王になるのでは、誰もが予想する通りなので、全くおもしろみがないからです。

尾田先生は、意外性によって読者を喜ばすところがあります。

そして、やはり黒ひげは登場した当初から海賊王になれるだけの貫禄を持っていました。

以下の画像を見てください。

人の夢は終わらねェ

人の夢は!!!終わらねェ!!!!

これはONE PIECEの中で1,2を争う名言だと個人的に思っています。

この名言を残した黒ひげ海賊王になるに相応しい貫禄です。

また、黒ひげ戦略的行動も目を見張るものがあります。

ヤミヤミの能力を手に入れた後、七武海に入って、インペルダウンの凶悪な囚人を仲間に入れて、海軍と白ひげ海賊団に潰し合いをさせて、白ひげからグラグラの能力を奪うという、美味しい所を持って行ってしまう的な頭脳プレーです。

計画にズレが生じたりして軽率さや浅はかさを持ちながらも大筋の計画はうまく行っているところも黒ひげの凄いところです。

最近、電伝虫で黒ひげの顔が表されていましたが、ヒゲが実在の黒ひげ(エドワード・ティーチ)のようになっていて、2年前よりも、さらに海賊王らしい外見になってきたとも言えるんじゃないでしょうか?

シャンクスも白ひげに直接エースの黒ひげ追撃を止めるように忠告するなど、前々からかなり黒ひげには警戒していたようですし、、

また黒ひげマーシャル・D・ティーチは、Dの意志を受け継ぐ者です。

トラファルガー・ローが「Dはまた嵐を呼ぶ」と言っていましたが、名前にDを持つ者は、ONE PIECEの世界では、間違いなくキーパーソンです。

なので、まず黒ひげONE PIECEを手に入れて、世界をひっくり返し、海賊王となり、その黒ひげルフィが対峙して、最終的にルフィが海賊王になるのではないかと予想します。

ONE PIECE第716話のわかりやすいネタバレあらすじとついでにレビュー

716話 首領・チンジャオ

ドレスローザ、コリーダコロシアムCブロック

筋肉モリモリの姿になったケリーファンクが選手たちを次々と「紙のように」なぎ倒して行きます。

ブーがケリーファンクによって倒された姿を見て首領チンジャオが「サイ、、、!!あのガキにブーの痛みを返してやれ!!」と指示します。

ある選手の回想シーンによってケリーファンクがジャケジャケの実の能力者で自身がジャケットになって弟のボビーファンクがそれを着ているということが判明。

ジャケジャケの実の能力は、動物でも怪物でも着たものの全てを支配するようになるのだそうです。

ケリーファンクは、サイを「弟を守れない情けない兄」だと馬鹿にしますが、サイは「弟は修行が足りなかった」と言います。

「八衝拳の門下に入った瞬間から兄弟の情は捨てた」と語るサイ。

サイは、北斗百裂拳やペガサス流星拳のように無数のパンチを繰り出すケリーの拳をタン!タン!タン!と登り、上からかかと落とし!

ケリー兄弟一撃ノックダウン!

「だが」「八宝水軍棟梁として」「部下の敵は討たせて貰う!!」とキメゼリフを言うサイ。

ルフィ対チンジャオ

「償えいっ麦わらのルフィ 貴様のジジイが私から巨万の富を奪った罪っ」「力も、、、青春の思い出をも奪った罪」と言いながら、ルフィに迫るチンジャオ。

ルフィは「じいちゃんい言えよ」と言う。

「ガープには死などというぬるい罰ではこと足りぬ!! 生きて、、、!! 失う悲しみを思い知らせてやる!!!」とチンジャオ。

「じいさんがガープいよいよ本物」とルフィの存在を確信する追剥のジャン。

ジャンによると、ルフィがインペルダウンから解放した多くの囚人たちをジャンは仕留めたそうで、ゆくゆくは、ルフィが解放した脱獄組のコンプリートを目指しているそうです。

などなど語りながら武器をルフィに投げつけるジャン。

しかし、ルフィは全てよけれてしまい、全く当たりません。

そして、なんとルフィが避けたジャンの武器は、全てチンジャオの腹に突き刺さっていました。

それをジャンが凝視しているスキにルフィはカブトを奪い取ります。

「痛いわ貴様さっきからァ!!!」とチンジャオはジャンに怒りの頭突き!

ジャンは、一撃で場外に飛ばされて、壁にめり込みます。

サイ対イデオ

一方八宝水軍の第13代棟梁のサイと「セントラル格闘会」を制した格闘家イデオは、息をもつかせぬ互角の攻防戦です。

今大会の最強を最強を決するかのような死闘!

ルフィに迫ろうと向かってくるチンジャオ。

それを迎え撃とうと走りだすルフィ。

二人が戦っている場所は、チンジャオとルフィが向かい合う同一線上にあります。

「邪魔だ!!!」とルフィの蹴りがサイの脇腹に!

「どけい!!!」とチンジャオが繰り出すパンチがイデオに直撃!

会場は皆ビックリ!

観客や実況中継の人達の目が飛び出します。

これでサイとイデオも場外。

激しい攻防体制に入ったルフィとチンジャオ。

ゴオオオオオオ!!!バリ!!バリ!!バリ!!という効果音と共に会場全体を圧倒させます。

これを見て、「覇王色の衝突だ」と、ディアマンテが言います。

これでCブロック残り2名です。

第716話終わり

ONE PIECE第716話の感想レビュー

今回激しいバトルでしたが一撃でダウンとか一撃で場外とかあっけなすぎるように思いました。

まあ、バトルロイヤルなので、この戦いはまだコロシアムのメインではないでしょう。

なので、あっけなすぎる勝敗は仕方ないですね。

しかし、覇王色がぶつかり会うこの戦いは、どうやって決着が着くか気になります。

覇王色を使えるキャラクターとルフィがまともに戦うのは初めてのように思います。

チンジャオは、新世界編で今までルフィの前に立ちはだかった敵の中で間違いなく最強のようです。

ONE PIECE第715話のわかりやすいネタバレあらすじとついでにレビュー


ONE PIECEの715話のネタバレです。

簡潔に解り安く書こうと思います。

第715話 激戦区Cブロック

ハイルディンを場外に吹き飛ばすイデオ

優勝候補の一人、巨人族ハイルディンはルフィの攻撃で倒れピクリとも動きません。

会場全体が沸きます。

「伝説巨人イデオン」のような肩の「破壊砲イデオ」が爆発のようなパンチでハイルディンの巨体を場外に突き飛ばします。

「メラメラの実を食って、もっと強くなりてェ」と言うイデオ。

花の国の3人のギャングが大活躍

花の国の3人のギャングは名高い拳法使いで、防御不能の「八衝拳」は、盾もヨロイも通用しないようです。

八宝水軍第13代棟梁サイ、副棟梁ブーが大活躍。

そして、隠居人であり第12代棟梁(首領)のチンジャオは、合掌して覇王色の覇気を発動!

「私の標的は一人!!邪魔するな」とチンジャオ。

賞金稼ぎジャン・アンゴは覇王色の覇気で倒れた者たちの武器を拾い集めます。

ジャンは、新世界中の大物海賊達から恨みを買う存在。

ジャンによって監獄送りにされた相棒の恨みを晴らそうと一人の男がジャンに攻撃を仕掛けてきます。

ジャンは狙撃手だそうで、拾った武器を投げつてその男の脇にヒットさせます。

「大事な相棒なら監獄に攻め込むくらいの気概を見せろ!!」「2年前にそんなバカがいたぞ!!」とジャンは言います。

モガロ王国出身の殺し屋ファンク兄弟

兄のケリー・ファンクは、自分をチビと馬鹿にした男を容赦なく意識がなくなっても滅多打ちにします。

巨漢の弟ボビー・ファンクは、容赦無い兄を止めに入るが「抑える方を間違えた」と言って逆に敵を抑えて、兄が殴りやすいようにサポートしてしまっています。

その時、兄のケリーに花の国のブーが攻撃してきます。

あっさり倒れるケリー。

次にブーは弟のボビーに攻撃します。

「おれは戦わねェんだ!!」と地面に顔を伏せて背中を向けるボビーに武装色をまとった斧が当たるが折れてしまいます。

倒れたケリーがチビと言われことにまた怒りを覚えて、ボビーに「着ろ」と言います。

今度は、花の国のブーがケリーを着たボビーによって滅多打ちにされ、意識を失いますが、それでも殴り続けるファンク兄弟。

追剥のジャンにカブトを奪われるルフィ

追剥のジャンによってカブトを盗られたルフィは、顔を布で覆い隠します。

ジャンは、ルーシーがルフィであることを知っている様子。

そこへルフィを討ち取ろうとチンジャオが進撃してきます。

最後のページは、

  • 合体したファンク兄弟
  • ルーシーことルフィ
  • 追剥のジャン
  • チンジャオ
  • イデオ
  • サイ

の6名の顔に「勝者は誰だァ!!!」。

「ドドドドドン!!」
第715話終わり

そして、次回は休載だそうです。

覇王色のチンジャオといい、その他の強豪たちといいCブロックは今回のタイトル通りマジで激戦区のようです。

ここまでの強豪たちが集うこの大会っていったい!!!、、、って思います。

どうやらメラメラの実を手に入れることがどうしても必要な人達だけでは無さそうな感じがします。

それだけの理由でここまでのレベルの猛者たちが参加しているようには思えません。

メラメラの実を食べなくても十分強い人達も沢山います。

ジョーカーことドフラミンゴが主催するこの大会には、もっともっと深い意味があるのかもしれませんね。

敗北感からの立ち直りのための「ONE PIECE」からのメッセージ


ONE PIECEの大きなテーマの一つが「敗北感からの立ち直り」だと思います。

尾田栄一郎先生によると、物語の半分まで進んだのが2010年7月くらいだそうなので、だいたい頂上戦争終結のあたりが物語の半分と考えることができます。

物語のちょうど半分で、ルフィが大きな挫折をしてしまい、そこから立ち上がるのです。

挫折から立ち上がり「3DX2Y」という決断を仲間たちと一緒にするという驚愕のストーリー展開でした。

このことから、ONE PIECEという作品の中で尾田先生は「夢の実現のためには挫折から立ち直らないと行けない」ということを私達にメッセージしたかったのではないかと思うのです。

尾田先生の人生が挫折からの成功の人生だとは個人的には考えにくいですが、今のような大きな成功を得るために挫折感を味わったり、敗北感を味わったりももしかしたらされたかも知れません。

そして挫折から立ち直るためのキーパーソンとなるのが海侠のジンベエでした。

失ったものばかり数えるな!!!無いものは無い!!確認せい!!お前にまだ残っているのもは何じゃ!!!

ONE PIECE 第60巻より

仲間この問いに対してルフィから出てきた答えは「仲間」でした。

これまでの航海で得た来て仲間との「絆」!これがルフィが敗北感から立ち直る「鍵」となったのです。

ONE PIECEから放たれる大きなメッセージが、、

「夢の実現のためには挫折、敗北から立ち直り、立ち上がることが必要」だということ。

そして、挫折、敗北から立ち直り、立ち上がるための力が「仲間」であることだと思うのです。