ドンキホーテ・ドフラミンゴの正体が確定?


ドフラONE PIECE第722話で非常に重要な事実が明かされてしまいました!

ひとつなぎの大秘宝(ONE PIECE)やDの意志にも今後深く関わって来るような重大な内容だと思います。

いよいよドンキホーテ・ドフラミンゴの正体が明かされ始めました。

ネタバレになりますが、題722話でドフラミンゴ自らによって語られた天竜人とドンキホーテ一族について書きます。

ドフラミンゴが瀕死の状態のローに対して以下のような内容を語りました。

ドンキホーテ一族の過去

今から800年も昔、20の国の20人の王が世界の中心に集い、一つの巨大な組織を作り上げた。

それが現在の世界政府である。

創造主である王達は、それぞれの家族を引き連れ「聖地マリージョア」に住むことにした。

「アラバスタ」のネフェルタリ家だけはそれを拒否したため、正確には19の家族だが、今もなお住み続け世界に君臨する。

その「創造主」の末裔達こそが「天竜人」である。

つまり800年前、その19の国からは「王族」がいなくなった。

各国では当然、次の王が選出され、新たな王族が生まれる事になる。

ドレスローザで例えるなら、その新しい方の王族が「リク一族」

そして、世界の「創造主」として「聖地マリージョア」へと旅立ったのが、「ドンキホーテ一族」である。

ONE PIECE 第722話より

以上のような内容でした。

つまりこれは、ドンキホーテ・ドフラミンゴの先祖が天竜人の先祖だということです。

既に単行本等で公開されているドフラミンゴの子供時代の姿は貧しい姿をしているので、ドフラミンゴが今現在天竜人であるわけでは無いはずです。

正確にはドフラミンゴ天竜人の先祖は創造主としてマリージョアに集まった王族であり、先祖につながりがあるか、もしくは先祖が同じであるということになります。

言い換えると、ドフラミンゴは天竜人となった王族たちの子孫だったということです。

ドフラミンゴ「今現在は」天竜人ではないということです。

巷で騒がれていた「ドフラミンゴ=天竜人」と言う説はある意味当たっていますが、100%当たりだとは今はまだ言えないようです。

そして、ドフラミンゴが子供の時は野に下って貧しい生活をしていたと言う事実。

ドフラミンゴが創造主の子孫でありながら、なぜ野に下って海賊になってしまったのか?と言うのが未だ謎です。

ドフラミンゴやドンキホーテ一族の秘密が明かされ、いよいよドレスローザ編もクライマックスといった感じですね!

サボの正体はドフラミンゴではない理由


サボサボの正体がドフラミンゴじゃないか?という説がありますが私の考えでは違います。

そもそもなぜサボドフラミンゴ説が出てきたかということから考えてみると、、

  • ドフラミンゴがサングラスを外したことが無いこと
  • 髪がサボと同じ金髪だということ

この2点からだと思います。

ドフラミンゴの若い時また、ONE PIECE第0巻に登場する20年以上前のロジャー公開処刑の時のドフラミンゴサボと同じように頭にゴーグルを付けていたことからそう考えている人がいるのかもしれません。

しかしながらこの「サボ=ドフラ説」は普通に考えて違います!

ドフラミンゴの年齢も41歳と既に公開されていますし、20年以上前のロジャー公開処刑の際におそらく成人している年齢の姿で出てきている時点で年齢設定がサボと全く合いません

サボの年齢はエースと同じくルフィより3歳年上であるので、現在は22歳のはずですし、エースと同い年なのでロジャー処刑当時は生まれているかいないかです。

ここから考えてもサボ=ドフラミンゴ説は、どう考えても飛躍し過ぎです。

尾田先生が読者を驚かせるためにドフラミンゴの年齢を偽って公開していると考えるものちょっと無理があります。

尾田先生はそういう間違った伏線を引いたりはしないはずです。

読者に対してちゃんと意味のある伏線を事前に描くのが尾田先生のやり方だと思います。

また、もう一点としては、ドフラミンゴは天竜人と関係の深いポジションにいると考えられます。

七武海を辞めたという偽りのニュースを流すことができたのはドフラミンゴが天竜人と深くつながっていて、天竜人の力を借りて偽りのニュースを流すことができたと考えるのが妥当ではないでしょうか?

サボは「貴族に生まれて恥ずかしい」と発するほど貴族を嫌っていますので、天竜人のような世界貴族と良い関係を持っているとは考えられません。

そして、ドレスローザの国王として君臨しているのも貴族が嫌いなサボらしくありません。

サボの性格と人生経験からして、サボはほぼ間違いなく今革命軍にいるはずです。

サボドフラミンゴだったら、面白いのかもしれませんが、それは飛躍し過ぎた話ではないでしょうか?

ドレスローザのおもちゃの正体はジョーラの仕業?


ジョーラドレスローザおもちゃ正体について以前の記事で考察してみました。

以前の記事↓
ドレスローザのおもちゃの正体

この記事では、やっぱりおもちゃの正体はトレーボル軍のジョーラの能力によるものではないかと考えましたが、またちょっと新たな考えが浮かびました。

国民の多くがおもちゃになっているということと、今回作中でわかったドレスローザの法律「夜中の0時消灯、それ以降外出禁止」「おもちゃが人間の家、人間がおもちゃの家にそれぞれ入っては行けない」と言う法律があることから、ジョーラがただ変身させただけではないように思いました。

ドフラミンゴの能力は糸を操るイトイとの実と言う意見もありますが、糸で人を切ったり、足を切断したりするだけでなく、マリオネットのように人間の行動を操る能力でもあります。

そのことから考えるに、ドフラミンゴに人をマリオネットのように操るだけでなく、人をマリオネットのような姿、つまりおもちゃの姿に変えてしまう能力もあるのではないか?

なので、「ドフラミンゴは、人間をマリオネットのように操り、更にマリオネットのような姿にもするマリマリの実の能力者」と考えたりもしました。

ですが、作中で「10年前にドフラミンゴが連れてきた一人の能力者」と言うセリフをおもちゃの兵隊が語っていたので、ドフラミンゴ本人の能力ではないと言うことが解ります。

そして、おもちゃになった人達は、自分の家族や知り合いから存在をも忘れ去られてしまっていると言う衝撃の事実

この残酷な仕打ちがプラスされているのは、ただ玩具に変えるだけの能力じゃないかもしれません。

芸術爆発系のジョーラアトアトの実のアート人間だとしたら、おもちゃに変えるということと記憶を失わせることがまだちょっとつながり憎い感じがします。

やはり、ジョーラでもない別の人物がおもちゃに変えて、記憶を奪ったのではないでしょうか?

おもちゃに変えたのは、能力者であることはオモチャの兵隊の証言から明らかですが、記憶を奪った原因が何なのかは未だ判りませんね。

カイドウの正体は人間を超越した生物?


ライオンルフィとローが同盟を組み四皇の座から引きずり下ろそうとしている「百獣のカイドウ」

ファンは、このカイドウの正体がメチャクチャ気になっているはずです。

この百獣のカイドウは、ゾオン系悪魔の実を食べた人と考える人が多いようです。

多い意見としては、ゾオン系「ネコネコの実モデルライオン」とか、、

だいたいゾオン系悪魔の実を食べた人間と考えている人も多いかも知れません。

ですが、人間ではないと考えている人も少なくないでしょう。

やはり私としても人間ではないと予想しています。

なぜかというと、その伏線としてローのセリフに「地球上で最強の生物」

それに対してのナミのセリフ「人間じゃないの?」がありました。

わざわざ「生物」「人間じゃない」と言う言葉を事前に見せている所に意味があるはずです。

じゃあカイドウもベポやペコムズのような存在なのか?と言うところですが、そうだとしたら、「動物」と言う言葉を使うと思うんです。

わざわざ「生物」という言葉を使うというところが非常に気になります。

生物生物と言うと動物、植物から更にはアメーバとかプランクトン、バクテリア等も含まれます。

更に地球上で最強と言うことなので、あの巨大生物「海王類」よりも強いということを意味するのかもしれません。

以上のようなことを踏まえると、やはりカイドウはゾオン系悪魔の実を食べた人間ではなく、何かの生物ではないかと思います。

またひとつ気になるのがローのセリフ「話の通じる相手じゃない」です。

これも人間ではない凶暴な生物であるという事の伏線かも知れません。

もちろん、全く会話ができない人格の無い存在だとしたら、海賊の頭になることはできないので、それはないはずですが、人間と話すことはできるが、普通の人間のように会話が通じる存在ではないかも知れません。

ただ海賊のトップになるということは、それだけの人間的器(うつわ)なりそれなりのものが必要です。

なので、恐らく超凶暴な生物でありながら、部下がついてくるような何かがあるのでしょう。

それが、人間的器なのか「圧倒的な強さによる恐怖」なのかは分かりませんが、海賊のトップになるだけの理由があるのは間違いないでしょう。

とにかく人間ではなく生物だというのが私の予想ですが、「百獣」という言葉も意味があると思います。

「百獣」と言うことは、あらゆる獣という意味もあります。

また「百獣」と言うと、ライオンです。

以上の内容から、ここで私の思いついたカイドウの正体を言います。

カイドウは、地球上のあらゆる生物の能力を持ったライオンをベースとした生物ではないでしょうか?

元々はペコムズのようなライオンで、そこに人造悪魔の実や何らかの改造等を施して、あらゆる生物の力を持っているのではないかと思うのです。

このカイドウの正体を予測するのは、非常に難しいところですね。

先が楽しみです!

トレーボルの正体と能力について


トレーボル「ボトッ」トレーボル軍のキャラクターが現在3人明らかになっています。

トレーボル、そして、ヴァイオレットジョーラです。

ヴァイオレットは、訳ありのようですが、ギロギロの実の能力者。

ジョーラは、アートにしてしまう能力者(アトアトの実?)のようです。

これだけ強力な能力者が所属するトレーボル軍

なので、そのリーダートレーボルの存在が気になっている人も多いようです。

今のところの作中の描写を見ると、体がベタベタしていて、壁にくっついたりしています。

自らをねちっこいと言っているので、ネチネチの実かも知れません。

とにかくスライムのような液体系の能力者のように見えます。

トレーボル「ねばっ」「ボトッ!!」という音とともに落ちたり「ねばっ!」とか言う音とともに動いたり、「べたっ!」という音とともにクローバーの座椅子に座っていました。

上記のような描写から予測すると、単純に「ボトボトの実」とか「ネバネバの実」とか「ベタベタの実」の能力者じゃないかと思います。

そして、この液体化する能力によって、メラメラの実を盗って来たのでしょう。

トレーボル「べたっ」またかなりとぼけた濃いキャラクターです。

しかし、もしロギア系の能力者だとしたら、他の能力者と違う点が見られます。

それは、普段の状態から液体のような体及び衣服のように見えるところです。

他のロギアの能力者は体はすり抜けたりしますが、見た目は、普通の姿です。

ですが、トレーボルの場合、見た目からして既に液体のように見えます。

個人的にそこが気になりましたが、とにかく今のところは、液体化できる能力者のように見えます。

トレーボルは、またまた計り知れない力を持ったキャラクターのようですね。

緑牛の正体(能力)


緑今インターネット上で話題の緑牛(りょくギュウ)の正体について考察します。

緑牛とは、海軍大将のポジョションに藤虎と一緒に選出されたキャラクターです。

緑牛については色々噂されていますが、やはり当然ながら、悪魔の実の能力者であるはずです。

そもそも、もし悪魔の実の能力者じゃなかった場合、あまり面白くないので、尾田先生なら間違い無く悪魔の実の能力者と設定するはずです。

それで、今回その緑牛の悪魔の実の能力について予測しようと思います。

大将たちの能力は今までだとそれぞれのイメージからにあった能力でした。

  • 赤犬→赤→マグマグの実(マグマの赤のイメージ)
  • 青雉→青→ヒエヒエの実(氷の青のイメージ)
  • 黄猿→黄→ピカピカの実(光の黄色のイメージ)

ですが、最近登場した藤虎は、藤色のイメージの能力なのかは微妙です。

藤虎イッショウは、おそらく重力に関係する能力のようですが、能力自体まだ謎が多いです。

藤という色自体も解りづらいカラーなので、ミステリアスな意味で隕石落としや重力操作の色としては藤色という謎の色があっている気もします。

ですが、緑という色は、はっきりしている色だと思うんです。なので、単純に植物を操る系の能力だと考えています。

あるいはゾオン系で、両生類とか爬虫類のような緑色の生物なのかもしれません。

個人的には、ロギアではなく、緑のイメージがある悪魔の実の能力だと考えています。

ドンキホーテ・ドフラミンゴの正体について


フラミンゴ最近ネット上で話題沸騰中の謎解きネタがドンキホーテ・ドフラミンゴの正体です。

ドンキホーテ・ドフラミンゴは天竜人であるという予測もあります。

なぜそういう予測が出るのかというと、海軍を騙すほどの情報操作をすることができるのは海軍本部トップ以上権力が必要だということ、、「こんなことができるのは天竜人くらいだ」というローの言動から来ています。

最高権力は五老星やその上の天竜人なので、ドフラミンゴの正体が天竜人?と言う予測が現在流行しているというわけです。

しかし、ドフラミンゴの幼い時の絵を尾田先生が単行本に載せていますが、その姿は天竜人とは思えない家なき子の貧乏な姿、またONE PIECEの0巻のロジャーの処刑の時に現れているドフラミンゴは既に海賊のような雰囲気を感じます。

なので、天竜人だとしても、幼い時に天竜人を「やめた」と言う意見があります。

あたかもサボが貴族であることを恥ずかしがったように、ドフラミンゴ天竜人であることを恥ずかしがって野に下ったと言う予測です。

天竜人の漫画での姿は今のところ本当に人格的には最悪です。

ですが、ドフラミンゴは、最近解ってきたことですが、実は人望が厚かったり、部下を気遣うと言う面でも人格的に立派な部分もあります。

ドフラミンゴが天竜人だったとしても、サボのようにそのポジションに嫌気がさしてしまったという予測は確かに納得できるようにも思えます。

尾田栄一郎先生はおそらく私の考えでは、全ストーリーを通して、善悪ということをテーマにしていると思っています。

パンクハザード編の最後に「海賊が悪で海軍が善」と言うことを涙を流しながら叫ぶ海軍G5のシーンがありますが、あれこそONE PIECEの世界の全ストーリーに流れる善悪観を象徴していると思います。

尾田先生は、漫画全編を通して、「善悪は立ち位置ポジョションではなく心の持ち方なんだ」ということを言いたいんだと思うんです。

だからこそ、尾田先生が描写するONE PIECEの世界で最高の善なる立場の天竜人が人格的には最悪のような姿に描かれているのでしょう。

話は少し飛びましたが、ドフラミンゴが例えば、天竜人だったとしたら天竜人のポジョションに愛想をつかしてそこから離れて野に下ったと考えると、あの幼少期の貧乏な姿も納得できますし、現在、天竜人から離れて海賊になっているとも理解することができます。

また、ヴェルゴが言った「お前はドフラミンゴの過去を知らない」という伏線言葉の回収として、「天竜人という思いもよらない過去」はつながります。

しかし、考えてみると、天竜人と言うポジションに嫌気がさして野に下ったと考えた場合、じゃあなぜその天竜人の権力を行使できるつながりを持っているのかという事です。

これはおかしな事で、もし嫌気がさしたり、愛想をつかせて天竜人と言うポジションから離れたとしたら、もう天竜人とのつながりは断っているはずです。

関わりたく無いハズです。

ですので、私はまだまだ深い考察ができるかは分かりませんが、もし仮にドフラミンゴ元天竜人だったとしても、嫌気がさしたり、個人的恨みで、そのポジョションから離れたのではなく、もっと深い部分で自分自らの意志で天竜人をやめたのではないかと思います。

そういう個人的なことではなく、もっと大義を持って海賊になったのではないかと考えます。

あるいはもう一つの妥当な考えとしては、天竜人ではなくて、天竜人とつながりのあるもう一歩手前のポジョションではないかと思うのです。

この辺りはもう少し研究が必要です。

というか、その前に原作で明かされてしまうかもしれませんが、、