ローのあの人明かされる!ONE PIECE第749話あらすじと感想

Sponsored Link


ONE PIECE749話のあらすじを書きます。

ネタバレを含みますのでご注意下さい。

あらすじ

エリザベローⅡ世とチンジャオによってピーカの左腕が崩壊する。

ピーカの左腕が落ちてくる。

イデオ、オーロンブス、キャベンディッシュが大活躍、サイ、ブルーギリーも気合十分。

ピーカは更に攻撃する。

彼の腕は再生してくるからエネルギーの浪費だとゾロ。

ピーカが動くことで町が動く。

見れば、ピーカの右腕を登ってゆく一団がある。

ルフィ、アブドーラ&ジェット、ウーシー、ゾロ、ローだ。

ピーカは左腕を再生してルフィを攻撃しようとするが、ルフィは、ピーカの顔にゴムゴムのグリズリーマグナムを喰らわし破壊する。

ゾロたちはウーシーに乗り、ピーカのメインボディを見つけて突進する。

巨大な剣を振りかざすピーカ。

ルフィがウーシーごと持ち上げて剣を避ける。

ピーカの次の攻撃をゾロが刀で止める。

その間、ピーカの巨大な体は動きが停止しているため「今がチャンス」とキャベンが言う。

この間にドフラミンゴに近づこうと突進する曲者達。

ウーシーの上で、ルフィに語りかけるロー。

今回の計画はドフラミンゴを倒す道だったが、実はローは今は亡き恩人のために恩返ししたかった。

13年前、ローは彼にとって重要な人物をドフラミンゴによってとられた。

彼はドン・キホーテファミリーのトップリーダーであり、ローの恩人であった。

その恩人の名は、コラゾン!

ドフラミンゴの実の兄弟だった!

以上

感想

ピーカのデカさに改めて驚きました。

建物ごと腕などにくっついているので、その大きさと較べてみると、とてつもない大きさです。

巨人族も建物程度の大きさですし、その2倍ちょっとの大きさがオーズなので、それよりも更に大きく、またサンファンウルフよりも大きそうです。

石や岩があれば、恐らくいくらでも大きくなれそうです。

団結して、ドフラミンゴに挑もうと、戦うこの集団はカッコいいですね。

ワクワクします。

そして、みんなが気になっていたローの言っていた例の「あの人」ことコラさんの正体が明かされました。

なんとドフラミンゴの実の兄弟でした!

顔も似ていますが、ちょっと異形ですね。

コラゾンという名前なので、ハートの座のはずですが、ドフラの兄弟がその幹部の座にいたとは意外です。

次回は、ローコラゾンの過去が明かされるのでしょうか?

楽しみです。

Sponsored Link
今日のランキング1位は?
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント歓迎!
記事へのコメントも大歓迎です! ONE PIECEの考察コメントやご意見、ご感想等、コメントして下さい!、よろしくお願いしま~す!

コメントを残す