「ワンピースキャラクター最強考察」のレビュー

Sponsored Link


ワンピースキャラクター最強考察ワンピースキャラクター最強考察という本を読破しました。

ワンピース考察本の中では珍しく白をベースとした表紙だったので、明るさを感じ好感が持てました。

この本では、前半の海(サバイバルの海 超新星編)と後半の海(最後の海 新世界編)の物語がリンクしているという大きな説を元にONE PIECEの後の展開を読み解いています。

ちょっとネタバレになりますが、以下のような感じで、それぞれのストーリーがリンクしあっているという説によって解説しています。

前半と後半のリンク例

東の海編 ⇔ 魚人島編
アラバスタ編 ⇔ パンクハザード編
空島編 ⇔ ドレスローザ編
ウォーターセブン編 ⇔ ゾウ編
スリラーバーク編 ⇔ ワノ国編
~~~
頂上戦争編 ⇔ 巨大な戦争編

ワンピースキャラクター最強考察ワンピースキャラクター最強考察

前半後半でキャラクターや出来事がリンクしていて、前半で出てきた人物や起こった出来事が後半でも同じように登場するという見解です。

こういった見解の本は前にも読みましたが、この本は最初から最後までこの前半と後半のリンクの話を軸に話が進み、ほとんどの考察がこのリンク説を元に展開しています。

そして、考察が超細かい!

ONE PIECEの原作をスミからスミまで細かく見ていて、細かい所を伏線としてストーリーを読み解いているのには、正直驚きました。

私自身、もっとONE PIECEを何度も読み返してみないといけないと思いました。

黒ひげのケルベロス説とか他にも既に他の本などで説かれている内容もありましたが、個人的に新鮮な考察もありました。

印象に残っているものの一つが、例えば、カイドウのゾオン系悪魔の実「キマイラ」説です。

その他私としては反対の説もありましたが、どの説も根拠があって納得できるもので、非常に面白い本だと思いました。

一度読んでみると、今後のONE PIECEを数倍楽しめると思いますよ!

Sponsored Link
今日のランキング1位は?
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント歓迎!
記事へのコメントも大歓迎です! ONE PIECEの考察コメントやご意見、ご感想等、コメントして下さい!、よろしくお願いしま~す!

コメントを残す