ロジャーが自首した驚くべき理由

Sponsored Link


ロジャー処刑ONE PIECEの52巻で、2年前のシルバーズ・レイリーゴール・D・ロジャーが自首したという話を麦わら一味の前で語りました。

自首したという事に対して、私が初めて知った当時は、「ふ~~んそうなの」って軽い感じでした。

ですが、今になってこの自首したことには当然ながら深い意味があり、ロジャーの意図があるのを理解することができます。

ひとつなぎの大秘宝とは?

ひとつなぎの大秘宝であるONE PIECEが何なのか?についてはまだ予測でしかありませんが、私の予想では、ひとつなぎの大秘宝青い星を一つにすることです。

つまり、レッドライングランドラインによって4つにわかれている海を一つにすることです。

これは今までONE PIECEの伏線考察本を何冊か読んで、私が色々考えて出てきた見解ですが、多くのワンピースファンで同意見の人も多いはず。

4つの海を一つにするものがONE PIECEであり、それは同時にサンジが目指す全ての海の海洋生物が集まった「オールブルー」の実現させることにもつながります。

そして、同時にONE PIECEを見つけた時に、麦わら一味の仲間の全ての夢が実現するのでしょう。

ひとつなぎの大秘宝を発見したロジャー

ロジャーレイリー「世界をひっくり返そう」と言って仲間に誘いました。

そして、ロジャー「世界をひっくり返す」と言う目的ためにONE PIECEを見つけて海賊王になりたかったのだと思います。

そして、ロジャーはONE PIECEが存在するというラフテルという島を確認しました。

しかし、その後不治の病に侵されて自首しました。

ロジャーはONE PIECEを見つけても当時においては世界をひっくり返すための条件が整っていなかったから自首したと私は考えます。

ONE PIECEによって世界をひっくり返すというのはつまり、4つの海をひとつなぎにするということです。

ONE PIECEによって世界をひっくり返すための条件

ワンピースの世界地図ONE PIECEを見つけても当時、ロジャーは為す術がありませんでした。

それは、4つの海をひとつなぎにするための条件が当時は整っていなかったからです。

その条件が何かというと、古代兵器「プルトン」「ウラヌス」「ポセイドン」です。

そして、「ポセイドン」は既にしらほし姫だと明らかになっていまです。

ここで重要なのが20年前にロジャーがONE PIECEを手に入れた当時は、このポセイドンしらほし姫が存在していなかったということです。

だから当時、ロジャーはONE PIECEを見つけても4つの海を一つにすることができなかったのです。

・・・どういうことか説明します。

古代兵器ポセイドンというのはしらほし姫のことですが、その重大な力は海洋類を操る能力です。

しらほし姫が大型海洋類を操ることでグランドラインを作っているカームベルトを無くすことができます。

グランドラインが無くなることで残りはレッドラインのみとなり4つの海は2つの海になります。

そしてウラヌスやプルトンによってレッドラインが消滅するかどうにかなって、青い星が一つに連結されるのではないかと思うのです。

よって、20年以上前のロジャーが海賊王になった時にONE PIECEを見つけたとしてもポセイドンしらほしが存在しなかったために「世界をひっくり返す」ことはできなかったというわけです。

だから、ロジャー自分ができなかったことを次の世代に託すためにわざと捕まったというわけです。

そして、、

おれの財宝か?ほしけりゃくれてやるぜ・・・
探してみろ この世の全てをそこに置いてきた

ONE PIECE 第1話より

と言って大海賊時代を開いたということです。

しらほし姫が生まれていなかった当時においてロジャーが願った「世界をひっくり返す」ことが不可能だったので、それを実現するために自首したということです。

Sponsored Link
今日のランキング1位は?
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント歓迎!
記事へのコメントも大歓迎です! ONE PIECEの考察コメントやご意見、ご感想等、コメントして下さい!、よろしくお願いしま~す!

コメントを残す