ドンキホーテ・ドフラミンゴ 世界政府

Sponsored Link


ドンキホーテ・ドフラミンゴが最近ONE PIECEを盛り上げてくれていますね。

「実は七武海を辞めていなかった」という誰も予測できないような事実が解りました。

そんなバカな事するハズがないと思う固定観念が人間の”盲点”を生む…!!

ONE PIECE 第712話より

この言葉もドフラの名言の一つでしょう。

トラファルガーロー達だけでなく、読者の誰もが「そんなバカな事するハズがない」と思うでしょうし、そもそも考えもつかないはずです。

まさにまさかの出来事でした。

そして、このドフラミンゴがなんでそんなあり得ない「バカな事」ができたのか?と言うと、それはドフラミンゴのポジョションによるところが大きいようです。

ローがこんなことができるのは、「この世じゃ天竜人くらいのもんだ」と言っていますが、ドフラミンゴ天竜人ではないかという予測が流行しています。

天竜人そのものなのかはまだまだ分かりませんが、海軍以上の権力である世界政府とつながりがあるということは間違いなさそうです。

以前にドフラが言った名言でこんなのがあります。

海賊が悪!? 海軍が正義!?
そんなものはいくらでも塗り替えられてきた!!
平和を知らねぇ子供共と、戦争を知らねぇ子供共との価値観は違う!!
頂点に立つ者が善悪を塗り替える!!
今この場所こそ中立だ!!
正義は勝つって!?そりゃそうだろ!!
勝者だけが正義だ!!!

ONE PIECE 第556話より

これはまさに「勝てば官軍」と言うことわざのような善悪観を語っている言葉ですが、この言葉の中の「海賊が悪!? 海軍が正義!?そんなものはいくらでも塗り替えられてきた」という所に注目です。

この表現から推測するに、ドフラミンゴは過去の歴史を知っているということが推測できます。

「空白の百年」を五老星を始めとする世界政府が隠す理由がこの部分に関係していると言われていますが、この「善悪が塗り替えられてきたという過去」をドフラはこの時点で「既に知っている」ということです。

ドフラミンゴが世界と歴史の裏側を知っているからこそ、世界政府と密接につながっていていて、五老星や天竜人を動かすほどのポジョションに立っているのだと言えるでしょう。

Sponsored Link
今日のランキング1位は?
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント歓迎!
記事へのコメントも大歓迎です! ONE PIECEの考察コメントやご意見、ご感想等、コメントして下さい!、よろしくお願いしま~す!

コメントを残す