腹にくくった一本の槍にゃ敵わねェこともある…

Sponsored Link


ワンピースアプリで毎日ONE PIECEがが無料でしかもカラーで読めます。

やはり、カラーの方が絵が解りやすくなり、白黒では味わい得なかった格別な良さがあります。

原作を白黒でしか読んだことが無いとしたら、ぜひカラーで読んでみてください。おすすめです。

今回は、ONE PIECEを読んでいると誰もが感動するであろう、心に残る名言を一つ取り上げて見ようと思います。

私もONE PIECEを初めて見た時から心に残っていた言葉

赫足のゼフの名言です。

・・・

「……全身に何百の武器を仕込んでも
腹にくくった一本の槍にゃ敵わねェこともある…」

腹にくくった一本の槍週刊少年ジャンプではありがちなセリフっぽいですが、改めて考えてみるととても深いなぁと思います。

この「腹にくくった一本の槍」って一体何なのか?と言うと、原作を読み進めると、あとで出てきますが、これは「信念」のことを指しています。

ですので、このセリフを言い換えると、、

簡単に言い換えてしまいますが、どんなに武器や道具を使っても信念には勝てないということなのだと思います。

例えば、私達の生活においても、同じことが言えます。

どんなにツールやテクニックを駆使しても強い信念に敵わない。

私達が仕事とか生活とかで必要な技術やノウハウを身につけたりするわけですが、信念には勝てないということです。

しかし、信念があれば、それらを生かします。

技術やノウハウが信念が強ければ生かされるとも言えます。

逆に信念がなければ、素晴らしい技術やノウハウも役に立たないものとなります。

ドン・クリークは、イーストブルーの覇者となったので、それは 、それなりの信念は持っていたということでしょう。

彼の無数の武器もイーストブルーを制するという意味では、大きな力となったわけで、それはクリークの彼なりの信念

「武力こそが力」という信念があったからです。

ですが、その武力でさえもルフィが粉砕してしまった理由は、それに勝る信念があったからこそです。

何事を成すにも最も大事なのは「信念」だというわけです。

ゴールドロジャーが言うセリフで「終わらぬ夢がお前たちの導き手ならば、超えてゆけ!おのが信念の旗のもとに!」というのがあります。

海賊王になったゴール・D・ロジャーも信念という言葉を使っているのです。

海賊王も重視している概念である「信念」こそが夢を実現するための力になるのです。

Sponsored Link
今日のランキング1位は?
ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント歓迎!
記事へのコメントも大歓迎です! ONE PIECEの考察コメントやご意見、ご感想等、コメントして下さい!、よろしくお願いしま~す!

コメントを残す