ONE PIECE名言特選№1「人の夢は!!!終わらねェ!!!!」


ONE PIECEの作中では、魅力的なキャラクター達が、数々の名言を残していますが、その中で私が最も好きなのがこの言葉です。

人の夢は!!!終わらねェ!!!!

人の夢は終わらねェシンプルでダイナミックな一言です。

そして、ルフィ達がベラミー一味からああいった仕打ちを受けていた最中だからこそ、この言葉に深みが出ます。

海賊が夢を見る時代が終わったというセリフの元で、外見も内面も寂れたあの町で、黒ひげという存在は異質な存在でした。

また、大悪党であり、ルフィの宿敵であり、カタキとなる男があのような発言をすることに大きな意味があると思います。

当時のベラミーはルフィが相手にするまでもない小物だったわけですが、それに比較して当時から大志と夢を抱く黒ひげは、ルフィにとって非常にインパクトを与えたはずです。

だからこそ、インペルダウンでルフィ黒ひげと再開した時に、その時の回想シーンが出てきたのです。

ここでただ「夢」と言ったのではなく、「人の」と付けている所にも深い意味があると思います。

人というものは、動物と違う夢を持ちます。

おそらく動物も睡眠中にレム睡眠の時に見る「夢」は見るんじゃないかと思います。

ですが、人間は、その睡眠中の夢を夢と呼ぶだけでなく、将来実現させたいと思っていること、願望、願い、将来達成したい目標のようなもの「夢」と言います。

実現させたいと願っているもの、欲求しているものがだとするなら、というものは人にとって生きがいであり、行動の原動力とも言えるはずです。

将来こうありたい!将来こうなりたい!将来これがほしい!という欲望は、人を行動に駆り立てる力となるはずです。

なので、逆に言うと、というものは失った人生というのは、本当に力の出ない、面白くないものになるはずです。

恐らく黒ひげは、噂では海賊王になるという話もあるくらいなので、ONE PIECEのラスボスになるんじゃないかと個人的には考えています。

そして黒ひげは実在した最強最悪と言われた黒ひげ(エドワードティーチ)をモデルとしています。

つまり、超重要かつ大物でありつつ、大悪党のキャラなのです。

作中でそういう立ち位置である黒ひげのこの言葉は正にONE PIECEと言う作品を象徴するような名言だとも思います。

また、味方や仲間ではなく、悪役、敵役である黒ひげがこのような発言をしたことにONE PIECEの世界のメンタル的な意味での広さや大きさを感じました。

後のルフィ黒ひげの再会が楽しみです。

ドフラミンゴ首切りのトリック


ドフラドフラミンゴが首を切られてしまいましたが、案の定まだ生きていました。

前の記事ドフラミンゴの首切りに対する見解を述べましたが、これはなかなか難しいです。

この記事では、これはトラファルガー・ローの仕業ではないかと書きましたが、どうやらあの錠は海楼石の錠で間違いなさそうですので、ローじゃない可能性が高いように思います。

じゃあ何なんだと考えたのですが、やっぱりドフラミンゴ自身の能力なのではないかと思いました。

イトイトの実の能力の考察

蜘蛛の糸一つ目の考察は、「イトイトの実の能力は、糸で人やものを切断できるし、接続も自由自在、自分の体も切断接続自由自在と言うものです。

これはもうバギーと同じような感じになってしまいますが、切断してもつながるという能力ではないかという話です。

もう一つの考察は、「イトイトの実の糸人間は、体が糸でできているので切っても切れないというものです。

つまりこれは、ほとんどロギア(自然系悪魔の実)みたいな感じですね。

切っても切っても粘着性のある糸なので、切れない、、

蜘蛛の糸って粘着性があるので、そういう性質の物質でできてるとか、、、

上二つはちょっと苦し紛れの突拍子もないような考察ですが、、

他のサイトでみたのですが、心臓を抜いているので、本体が不死身の状態になっているという話も出ていました。

あるいは、天竜人のつながりがあるので、そのルートで不死身の体を手に入れているとか、、

あと、もしかすると、これは個人的にはやめて欲しいのですが、首が切れたことに対する根拠もなく、「なぜ首が切れても生きていたのか?」については永遠の謎として葬られるのかもしれません。

ONE PIECEの作中で出ている情報だけで考えると、ローのルームしか無いと思うんですが、それ意外何か考えられるでしょうか?

「ウソップの覇王色覇気伝説」はじまる!


ウソップ覇王色の覇気ONE PIECE第742話で、遂にシュガー気絶させてしまいましたね。

それで、743話では、国中のおもちゃたちが元の姿に戻りました。

誰も予想しなかったであろうまさかのウソップの激辛顔に驚いて気絶!です。

その時のコマももはやONE PIECEじゃなくて、まるギャグ漫画家の漫☆画太郎の絵のようになっていました。

漫☆画太郎さんに書いてもらったんじゃないかと思うほどです。

多くの読者がウソップが狙撃で狙い撃ちするんじゃないか?とか思っていたかもしれませんが、さすがONE PIECEは意外性で読者を喜ばせてくれます。

これを「ウソップらしい」と言っている読者が結構いますね。

私としては、そんな激辛の顔を見たくらいで気絶するのは普通ありえないし、無理があると思うし、ウソップの特技を生かしていないところがちょっとガッカリでした。

ウソップがまだトレーボルシュガーを倒す実力がないのはよく解りますし、しょうがないかなぁとも思いました。

しかし、ウソップシュガーを気絶させたことでドレスローザの多くの人達に喜びを取り戻し、幸せを蘇らせたわけです。

なので、その功績は物凄い大きなものです。

まさに後世に語り継がれる伝説を残したとも言えるでしょう。

トンタッタたちもウソップの銅像を立てると言っていますし、このウソップの功績は計り知れない伝説となるでしょう。

伝説はこの事件の後、世間に知れ渡るはずです。

そしてウソップ覇王色伝説へ、、

覇王色そんな中でウソップ覇王色の覇気の覚醒者であるという噂が流れると思います。

何故かというと、トンタッタたちはどうしてシュガーが気絶したかを多分わかっていると思いますが、トレーボルは、なぜシュガーが気絶したのかよくわかっていませんでした。

なので、普通に考えると、「ウソップが覇王色の覇気によって威嚇してシュガーを気絶させた」と考えると思います。

それ意外考えにくいでしょう。

なので、それが発端となってウソップ覇王色伝説が世間に知れ渡ってゆくと予想します。

また、ONE PIECEの結構有名な伏線考察として「ウソップのついたウソは後々実現する」というものがあります。

第713話でウソップトンタッタ族に対して、「実は今の揺れこそがおれの”覇気”だ!!」と言って、自分の覇王色の覇気によって地響きが起こっているというウソをついたことがあります。

そのウソが後々実現すると考えると、今回の「ウソップの覇王色伝説」の始まりが、その伏線となるのかもしれません。

ONE PIECEが始まる前のネームには、ウソップらしき狙撃手の副船長という設定もあります。

それを思えば、ウソップがマジで覇王色の覇気の覚醒者になる」という展開もあり得ると思います。

この伝説からウソップの快進撃が始まるのか?

それとも実力的にはまあまあの所を維持しながら、王下七武海となった千両道化のバギーのように勘違いされまくって「伝説を生きる男」になるのか?

今後のウソップが楽しみです。

ドフラミンゴの首が切断された件


ドフラONE PIECE743話でキュロスにより、ドフラミンゴの首が飛んでしまいました。

まさかの展開に驚きましたね。

一部の読者によっては、というか結構多くの読者が「ドフラミンゴは死んでいない」と考えているようです。

私は最初は、「ああ首が飛んだらもはやどうしようもないだろう、、」、これは「死亡確定」だと思っていました。

しかし、ちょっと考えてみると、多くの読者が考えているのように、確かにこんなあっさり片がつくようにも思えません。

ドフラミンゴはまだ生きている!

貴方もそう考えているんじゃないでしょうか?

確かに首が切れた!

でもあまりにもあっさりし過ぎている、、

何かのトリックなのか?

色々考えて見ましたが、首が飛んでも生きているためには、やはりアレが必要だと思うんです。

・・・

そうアレです。

・・・

トラファルガー・ローオペオペの能力

「ルーム」です。

トラファルガー・ローは、確かに錠に繋がれていますが、海楼石なのかどうか不明です。

ローの悪魔の実の能力を封じなければ、直ぐに逃げられてしまいます。

普通の錠につながれていてもルームを作れば、錠から外れてルームの中の移動が自由自在です。

なのでドフラミンゴが海楼石の錠でローを捕縛していなかった」とは考えにくいのですが、逆に言うと、首が飛んでも生きている理由がローオペオペの能力の他に見当たらないのです。

ロードフラミンゴに対して恐らく複雑な感情を持っている筈なので、ドフラがアッサリとキュロスによって殺されるのを「よし」としない気がします。

そして、キュロスドフラミンゴに斬りかかっている時、ローが一コマ挟まれていたところにも、そういう可能性を感じます。

また、もし、ローの仕業じゃないとしたら、また意外な展開を尾田先生が考えているのかもしれません。

例えば、イトイトの実の力は、切断も自由自在でありながら、接続も事由自在だった、、とか、、

ですが、今のところそういう設定はないですし、考えられるのは、オペオペルームしかないのではないでしょうか?

なので、通常海楼石の錠をかけるべきだったのが、ロー藤虎の間のつながりで、うまいこと海楼石の錠を避けて普通の錠をつけたとか、、

ローがいつも持ち歩いていたダミーの錠を上手くすり替えたとか?、、

いろいろ考えてみましたが、やはりドフラミンゴとの戦は、ルフィが決着をつけるのがやっぱり王道っぽい氣がしますし、読者もそれを願っているように思いますし、「今回の首切りによってドフラは死んでいない」と考えるのが手堅い考察かも知れません。