ゴール・D・ロジャーが自首した理由


ロジャー処刑ONE PIECEの52巻で、2年前のシルバーズ・レイリーゴール・D・ロジャーが自首したという話を麦わら一味の前で語りました。

自首したという事に対して、私が初めて知った当時は、「ふ~~んそうなの」って軽い感じでした。

ですが、今になってこの自首したことには当然ながら深い意味があり、ロジャーの意図があるのを理解することができます。

ひとつなぎの大秘宝とは?

ひとつなぎの大秘宝であるONE PIECEが何なのか?についてはまだ予測でしかありませんが、私の予想では、ひとつなぎの大秘宝青い星を一つにすることです。

つまり、レッドライングランドラインによって4つにわかれている海を一つにすることです。

これは今までONE PIECEの伏線考察本を何冊か読んで、私が色々考えて出てきた見解ですが、多くのワンピースファンで同意見の人も多いはず。

4つの海を一つにするものがONE PIECEであり、それは同時にサンジが目指す全ての海の海洋生物が集まった「オールブルー」の実現させることにもつながります。

そして、同時にONE PIECEを見つけた時に、麦わら一味の仲間の全ての夢が実現するのでしょう。

ひとつなぎの大秘宝を発見したロジャー

ロジャーレイリー「世界をひっくり返そう」と言って仲間に誘いました。

そして、ロジャー「世界をひっくり返す」と言う目的ためにONE PIECEを見つけて海賊王になりたかったのだと思います。

そして、ロジャーはONE PIECEが存在するというラフテルという島を確認しました。

しかし、その後不治の病に侵されて自首しました。

ロジャーはONE PIECEを見つけても当時においては世界をひっくり返すための条件が整っていなかったから自首したと私は考えます。

ONE PIECEによって世界をひっくり返すというのはつまり、4つの海をひとつなぎにするということです。

ONE PIECEによって世界をひっくり返すための条件

ワンピースの世界地図ONE PIECEを見つけても当時、ロジャーは為す術がありませんでした。

それは、4つの海をひとつなぎにするための条件が当時は整っていなかったからです。

その条件が何かというと、古代兵器「プルトン」「ウラヌス」「ポセイドン」です。

そして、「ポセイドン」は既にしらほし姫だと明らかになっていまです。

ここで重要なのが20年前にロジャーがONE PIECEを手に入れた当時は、このポセイドンしらほし姫が存在していなかったということです。

だから当時、ロジャーはONE PIECEを見つけても4つの海を一つにすることができなかったのです。

・・・どういうことか説明します。

古代兵器ポセイドンというのはしらほし姫のことですが、その重大な力は海洋類を操る能力です。

しらほし姫が大型海洋類を操ることでグランドラインを作っているカームベルトを無くすことができます。

グランドラインが無くなることで残りはレッドラインのみとなり4つの海は2つの海になります。

そしてウラヌスやプルトンによってレッドラインが消滅するかどうにかなって、青い星が一つに連結されるのではないかと思うのです。

よって、20年以上前のロジャーが海賊王になった時にONE PIECEを見つけたとしてもポセイドンしらほしが存在しなかったために「世界をひっくり返す」ことはできなかったというわけです。

だから、ロジャー自分ができなかったことを次の世代に託すためにわざと捕まったというわけです。

そして、、

おれの財宝か?ほしけりゃくれてやるぜ・・・
探してみろ この世の全てをそこに置いてきた

ONE PIECE 第1話より

と言って大海賊時代を開いたということです。

しらほし姫が生まれていなかった当時においてロジャーが願った「世界をひっくり返す」ことが不可能だったので、それを実現するために自首したということです。

ONE PIECE最強キャラクター投票1ヶ月半の結果


ONE PIECE最強キャラクターをこのブログのサイドバーから投票してもらっています。

7月14日から投票をしてもらっていてやっと以下のように票が集まりました。

クリックで拡大します。
最強キャラクター投票結果これからずっと投票を受け付けますが、今のところ以下のようになっています。

1位:ルフィ(7票)
2位:シャンクス(6票)
3位:黒ひげ(5票)

結構接戦です。

最近まで黒ひげは0票だったのですが、急に増えだしました。

シャンクスがずっと1位だった期間が長かったですが、ルフィが主人公としての権威を見せた感じもします。

個人的には赤犬サカズキに一票入れましたが、赤犬はエネルと同じく4票で4位でした。

私としてはマグマグの実の能力は最強レベルで凄い能力だと思います。

グラグラの実が「世界を滅ぼす力」と言われていますが、体からマグマを発して、周辺をマグマで覆ってしまうこの能力もそれに匹敵するほど、あるいはそれ以上じゃないかと思うほどです。

ですが、作中の設定としては自然系最強種が「ヤミヤミの実」

そして、超人系最強「グラグラの実」です。

ですので、この2つの能力を手に入れてしまった黒ひげが普通に考えると最強とも言えるでしょう。

しかし、2つの能力を持っていながらも、黒ひげシャンクスとの戦いを避けましたし、また赤犬の襲撃から逃げました。

なので、ただ単純に悪魔の実の能力だけではONE PIECEの世界で最強になるとは言えないでしょう。

以前であれば、悪魔の実の能力者が最強のように思える世界でしたが、今現在では「覇気」と言う存在が非常に大きいです。

シルバーズレイリーの戦闘ぶり等を見ても、あのレベルであれば、悪魔の実の能力が「無意味」にも見えてしまうほど「覇気」の力は大きいです。

シャンクスも赤犬のマグマを剣で止めましたし、ベンベックマンも光人間の黄猿を銃で威嚇しました。

覇気という存在は計り知れません。

そして、ルフィは「主人公だから死なないじゃね」って意見もあって1位でした。

ルフィは、今の時点で赤犬やシャンクスや黒ひげに勝てるかどうかは私としては微妙だと思います。

ですが、精神的な強さとか可能性とか将来性まで考えれば最強と言えるかも知れません。

という訳で、今現在の段階での1位ルフィ、2位シャンクス、3位黒ひげという結果は妥当な結果だと思います。

実際マジでこの順位の強さの感じもします。

「四皇は全員おれが倒す」と言うルフィのセリフからしても黒ひげを倒した後にシャンクス、となりそうなので、実際この順位は今後の展開を象徴しているようにも思いました。

ウソップの2年間での成長について


ウソップ先頭に立つ2年間ボーイン列島で過ごしたウソップは心身ともにかなり成長しているはずです。

そして、魚人島などではその逞しさを見せてくれました。

ですが、ドレスローザ編でのグリーンビットトンタッタ王国でのウソップの行動を見ていると若干ガッカリするのは私だけでしょうか?

地面が揺れているだけで動揺していたり、ドフラミンゴと戦うというだけで飯が喉を通らな勝ったりという昔の臆病な頃のウソップが出てしまっています。

ボーイン列島のあの過酷な環境で過ごしたウソップにとっては、地面が揺れたり、危険な土地に入って行ったりするくらい、もはや大したことでは無いはずです。

なので、あそこまで動揺したり恐れおののく姿はちょっと納得行かないところはあります。

ドフラミンゴという強大な敵がどれだけ強いのかを理解することができるという意味で「成長した」とも捉えることができるかもしれません。

ですが、ウソップ「死」と言う恐怖によって動揺するような男ではもはやなくなっているくらいのレベルだと思っていました。

麦わら一味にウソップのキャラのようなネガティブ思考キャラは必要なのでしょうが、2年間の修業の成果を考えると、あの描写はちょっと個人的に受け入れがたいものがありました。

これについては、色々な捉え方があるし、様々な意見があるのかもしれませんし、尾田先生の隠された意図があるのかもしれません。

もちろんあれだけの描写でウソップが精神的に弱いと決めつける事はできません。

今後のウソップに期待します。

P.S
ところで、第718話でいよいよドンキホーテファミリーに決戦を挑もうとウソップとロビンがトンタッタ族とともに出陣していますが、この時はウソップは既に嬉しそうにしています。

これはいよいよウソップの戦闘に対するポジティブな姿を見せてくれるところなのかもしれません。

今までのビビリ的な行動は昔の癖って感じで、これから2年間で成長したウソップの本領発揮というところなのでしょうか?

密かに副船長になるとも言われるウソップです。

頑張って欲しいところです。

ジョーラの悪魔の実「アトアトの実」確定!

んざましょーONE PIECE第718話の公開によって、トレーボル軍ジョーラ悪魔の実の能力とその名前が解りました。

アトアトの実

私、自分でこの名前を予想したんです。

そうしたら、ネット上に同じように名前を予想している人が沢山いたようで「アトアトの実」と検索してこのブログに訪問する人も沢山いました。

アトアトの実

ズバリ的中でした!

なんかバンダーデッケンのマトマトの実みたいです。

この号で「おもちゃに変える能力者は他にいる」というジョーラの発言があったので、ドレスローザの玩具たちの正体がジョーラの仕業でないことも確定しました。

それにしてもドレスローザ編は、おもちゃとか小人とかメルヘンチックなストーリー展開になっていますね。

しかし、なぜワザワザおもちゃに変える能力者とアートに変える能力者に分けたのでしょうか?

気になるところです。

私個人的には、糸を使ったり操る能力をドフラミンゴが持っていて、そのファミリーたちは、おもちゃとかアートとか操り人形とかマリオネットに関連している能力者になっているので、ドンキホーテファミリーは「操り人形」つながりの軍団なのではないかと思いました。

ドン・キホーテファミリーの元にいる一人一人が凄い実力のように思います。

ジョーラの芸術爆発能力は避けることができればいいのですが、その攻撃範囲がどれくらいなのかも判りませんし、今のところかなり強い感じがします。

これほどの能力者が王下七武海傘下のトレーボル軍といういちグループのいちメンバーでしか無いというのが凄いです。

ドン・キホーテファミリーの計り知れない力を感じます。

今後が楽しみですね!

ドレスローザのおもちゃの正体はジョーラの能力ではなくこの娘?


ジョーラ最近話題のトレーボル軍のジョーラですが、彼女がドレスローザの国民をオモチャにかえたんじゃないか?と言う予測をする人が多かったようです。

ですが、ONE PIECE第718話の公開によってドレスローザのオモチャの正体はジョーラの能力によるものではないことが明らかになりました。

まだ日本語が出る前の中国語翻訳のネタバレの段階ですが、天候棒までアート化されたナミの「おもちゃにされた」いう指摘に対して、ジョーラ「オモチャではなくアート」だと明言しています。

さらにその後、「ドンキホーテファミリーにはジョーラ以外にオモチャに変える能力者がいる」ということも明言しています。

アートなのかオモチャなのか、ずっと気になっていた人も多いでしょうが、今回明らかになってスッキリしましたね。

それにしても紛らわしいです。

じゃあ誰がドレスローザの国民の多くをオモチャに変えてしまったのか?

またそのオモチャにされた家族の記憶を失わせたのか?

オモチャに変えたのと記憶を失わせたのは別人なのか?

などなどが今後気になります。

オモチャの兵隊の言葉からするとオモチャに変えたのと記憶を失わせたのは同一人物のように思えます。

とにかくドフラミンゴが10年前に王位についた時に連れてきた能力者は、とんでもない力を持っているということです。

その能力者が一体誰なのか?と言うと、ネット上で噂になっているのがこの娘です。

オモチャの能力者オモチャの能力者

国民の大半をオモチャに変えるだけでなく、家族の記憶をも消してしまうという強大な能力でありながら、このひょうひょうとした子供!

これは尾田先生ならやりそうな設定ですね。

ONE PIECE第717話のわかりやすいネタバレあらすじ


ONE PIECEの第717話のわかりやすいネタバレあらすじを書きます。

第717話 ドレスローザの忘れ物

ルフィ対チンジャオの対決

沢山の名のある強豪たちがルフィとチンジャオの覇気によって戦闘不能になっています。

「ひゃホホ”覇王色”を操るとはどこぞの王を夢みるか・・・」とチンジャオが言います。

「海賊王だ!!!」とそれに答えるルフィ

「ほざけ!!”王の資質”を持つ者など この先の海にはザラにいると思え」「その中で決するのだ・・・!! 塞き合う”覇王”達の中の更なる頂点!!」「それがが海賊王だ!!!」とチンジャオが頭突きするが、ひゅっ!!とよけるルフィ。

その覇気を誰に習ったかとチンジャオが質問し「レイリー」と答えるルフィ。

「昔のことなど思い出したくない」と言って、その後、突然号泣しだすチンジャオ。

目の前の財宝を手に入れることができなかったという忘れがたい思いを語りながら、号泣するチンジャオに唖然とする客席。

場外からそれを見て動揺するサイとブー

ブー(弟)によると、元々チンジャオは、兄(サイ)を決勝に行かせる手はずを組んでいたようです。

「”錐のチンジャオ” 昔はそう呼ばれ今はもう呼ばれぬ」「答えろ!!ガープが私に何をしたか!!!」とチンジャオ

「知らねェよ 泣くか怒るかどっちかにしろよ!!!」とルフィ

二人は再び激しいせめぎ合いになります。

サンジ錦えもんサイド

コロシアムでの決戦をモニターで見ているサンジと錦えもん

早くカン十郎を助けたいという急ぐ錦えもんですが、コロシアムから犯罪者が出てきた途端に捕らえようと会場を多くの海兵達が囲むのを見て、慎重にすべきだとサンジは考えます。

海軍本部中将鮫切りバスティーユが登場。

犯罪者(選手)たち捕らえようと待ち構えるが、一向に選手たちが出てこないのを不審にに思っている様子。

選手としてコロシアムに潜入したメイナード中将に対しては「勝手なマネを、、若造が、、」とバスティーユ。

コロシアムの中で何が起きているのか?バスティーユは訝しげに考えます。

フランキーサイド

ドフラミンゴが王位についてから固く守られる2つの法について兵隊のおもちゃが説明します。

このドレスローザには10年前にドフラミンゴが王座についてから固く守られている二つの法があります。

一つは国の消灯は午前0時で、それ以降は外に出歩かない。

もう一つはオモチャは人間の家に、人間はオモチャの家に決して入ってはならないというものです。

フランキーはオモチャに訪ねます。

「お前らを生み出したベガパンク級の技術者は誰なんだ?」と、

そこにオモチャと人間の騒ぎが起こります。

一人の女性にオモチャが詰め寄りますが、女性は嫌がります。

そこで、その女性の恋人らしき人がオモチャを殴りつけます。

オモチャは女性に向かって「オレがお前の恋人だよ!!」と叫びます。

しかし、女性には全く理解できない。

兵隊に捕まっ連行されるオモチャ。

オモチャは最後に「オレは人間だァ~」と叫びながら、スクラップ置き場に投げ込まれてしまいました。

次にフランキーと兵隊のオモチャは、母と子が犬のおもちゃを追いかける場面に出くわします。

オモチャの兵隊は、その「ワンポコ」と呼ばれる犬のオモチャをフランキーの所に連れてきて「君は誰だ」と尋ねます。

「おれはあの子の父親で、、、あの女の夫だ、、」と小声でつぶやくワンポコ。

困惑するフランキー。

次にオモチャの兵隊はその子どもに「父さんはいるか?」と、母親に「あんた夫は?」と尋ねます。

二人共「いない」と答えます。

更に困惑するフランキー。

オモチャの兵隊に「何がどうなってる!!」とくいつくフランキー。

「つまりこの国には」「忘れられた者達と」「忘れた者達がいる、、、!!」と語るオモチャの兵隊。

オモチャの兵隊の言うには、10年前にドフラミンゴが連れてきた一人の能力者によって彼らはオモチャの姿に変えられてしまったということです。

ローサイド(グリーンビット)

藤虎の能力によってローはかなりのダメージを受けています。

ドフラミンゴと藤虎は傷ついておらず余裕があります。

ローはナミと連絡をとろうとでんでん虫を鳴らすが出ません。

ウソップ、ロビンサイド(グリーンビット地下)

藤虎の戦いによって地下も地震で揺れています。

レオとそのばあちゃんの会話シーンが入ります。

弁当の準備などを心配をするばあちゃんですが、食べ物は決起本部にあるそう。

レオは能力で地震で倒れそうなものを縫い付けて、一緒にばあちゃんも縫い付けてしまっています。

伝説のヒーローウソランドについて話して目を光らせるレオ。

レオは家から出てきて、ウソップとロビンと会話するシーンになります。

「食事はもういいれすか?」と言うレオに対して、ウソップは「ああもうノドを通ら、、、」と言おうとするが、「腹拵えは完璧よォ!!」と言い直します。

「おれの武者震いで大地が揺れまくってんだろ!!」と、更にホラを吹きます。

ウソップはレオに、何のためにドフラミンゴなんかと戦うのかと質問します。

するとドレスローザの「闇の工場」で働かせれてる500人の仲間たちを助けるためだと小人たちが答えます。

小人たちは何を作らされているかは知らない様子。

その500人の仲間の中にはトンタッタ族の憎らしくてワガママでイジ悪で気紛れで怒りん坊の「マンシェリー姫」もいるのだそうです。

いいトコなしの姫だが、「仲間レスから!!!」と微笑むレオ。

ウソップもさらに無理して意気込んで見せますが、鼻水がたれています。

その時、宮殿のドンキホーテファミリーがおそらくコロシアムの地下に動き出したという報告が入ります。

報告に来た小人が「イエローカブ」と「ピンクブー」はいつでも飛べると言います。

最後のコマで小人族「決戦はドレスローザ」「コロシアムの地下!!「闇の工場」!!!」ドン!!

第717話終わり

ドレスローザのおもちゃの正体はジョーラの仕業?


ジョーラドレスローザおもちゃ正体について以前の記事で考察してみました。

以前の記事↓
ドレスローザのおもちゃの正体

この記事では、やっぱりおもちゃの正体はトレーボル軍のジョーラの能力によるものではないかと考えましたが、またちょっと新たな考えが浮かびました。

国民の多くがおもちゃになっているということと、今回作中でわかったドレスローザの法律「夜中の0時消灯、それ以降外出禁止」「おもちゃが人間の家、人間がおもちゃの家にそれぞれ入っては行けない」と言う法律があることから、ジョーラがただ変身させただけではないように思いました。

ドフラミンゴの能力は糸を操るイトイとの実と言う意見もありますが、糸で人を切ったり、足を切断したりするだけでなく、マリオネットのように人間の行動を操る能力でもあります。

そのことから考えるに、ドフラミンゴに人をマリオネットのように操るだけでなく、人をマリオネットのような姿、つまりおもちゃの姿に変えてしまう能力もあるのではないか?

なので、「ドフラミンゴは、人間をマリオネットのように操り、更にマリオネットのような姿にもするマリマリの実の能力者」と考えたりもしました。

ですが、作中で「10年前にドフラミンゴが連れてきた一人の能力者」と言うセリフをおもちゃの兵隊が語っていたので、ドフラミンゴ本人の能力ではないと言うことが解ります。

そして、おもちゃになった人達は、自分の家族や知り合いから存在をも忘れ去られてしまっていると言う衝撃の事実

この残酷な仕打ちがプラスされているのは、ただ玩具に変えるだけの能力じゃないかもしれません。

芸術爆発系のジョーラアトアトの実のアート人間だとしたら、おもちゃに変えるということと記憶を失わせることがまだちょっとつながり憎い感じがします。

やはり、ジョーラでもない別の人物がおもちゃに変えて、記憶を奪ったのではないでしょうか?

おもちゃに変えたのは、能力者であることはオモチャの兵隊の証言から明らかですが、記憶を奪った原因が何なのかは未だ判りませんね。