ゾロは二年間でミホークに勝っていたか?


ゾロ ミホークゾロ二年間ミホークの下での修行というのは、ONE PIECEの中でも非常に重要な意味を持っていると思います。

またゾロ片目の理由も気になっている人が多いでしょう。

2年間の中で隻眼になってしまうほどの激しい格闘をしたということを物語っています。

ゾロほどの剣豪が隻眼になるほどの戦いができるのは、ゾロのいたクライガナ島シッケアール王国跡地にはミホークしかいなかったでしょう。

ネット上を眺めてみると、これについて様々な見解があって面白いですね。

例えば、ゾロは二年間の間でミホークを倒したという意見があります。

片目を失うという大きな傷を追いながら、ミホークに勝ったのでは?と言う予想です。

確かに面白い予想ですが、ちょっと無理があるかなぁと個人的には思います。

なぜなら、王下七武海として名前を上がられているシーンもありますし、世界一の大剣豪であり、自分の師匠にもあたる人物にたった2年間で実力的に勝るは難しいと思うのです。

ミホークは昔、シャンクスと互角に戦った程の男です。

それほどの人物を既に倒してしまうほどあっけない話は無いだろうと思うのです。

ミホークは世界一の大剣豪なので、ゾロが既に倒しているとすれば、世界一の大剣豪のポジションにゾロが付いているでしょうし、そうなれば世界でも話題になると思います。

ですが、そういう話もないですし、やっぱり、ゾロのくいなに誓った「世界一の大剣豪」の夢は、ルフィが海賊王になるのと同時であったほうが良いと思うのです。

麦わら一味はそれぞれの夢を果たすために船に乗っているわけですが、ルフィが海賊王になる夢を実現させることがすなわち彼らの夢を同時に実現するようになると思うのです。

なので、ロロノア・ゾロジェラキュール・ミホークを倒すにはまだ時期が早いと考えています。

片目になった原因は、ミホークかも知れませんが、ミホークを倒したのではなく、一太刀浴びせることができ、その代償として片目をやられたのではないでしょうか?

チンジャオの覇王色で懸賞金5億ベリー納得


チンジャオ元海賊頭領のチンジャオについて色々評判がありますね。

  • 「弱い犬ほどよく吠える」
  • 「弱いやつほど攻撃に無駄があって破壊が多い」
  • 「懸賞金5億の攻撃じゃない」

等など、チンジャオの全盛期懸賞金5億ベリーという経歴に対して、反論、酷評が多かったです。

ですが、今回まさかの覇王色

破壊しまくるシーンは、チンジャオのある一側面でしかなかったのです。

チンジャオの覇王色発動によって、懸賞金5億ベリーも納得できますし、今後の戦いが楽しみでもあります。

覇王色の覚醒者は、数百万人に一人だそうですが、覇王色が使えるキャラクターは、今のところ以下の通りです。

覇王色の覚醒者一覧

  • ルフィ
  • レイリー
  • シャンクス
  • エース
  • ドフラミンゴ
  • ハンコック
  • 白ひげ
  • ロジャー

ONE PIECEの世界では、マジで超大物の主要キャラクターばかりです。

個人的に覇王色を使えるキャラがバーゲンセールのようにドンドン登場しないで欲しいと言う願望はあります。

悪魔の実を食べたキャラが今では次々と出てくるようになってしまったように、覇王色を使えるキャラまでがドンドン登場するということはさすがに無いとことを願いますが、、

とにかく、懸賞金5億と言う金額も半端ないですし、半端無い懸賞金だからこそ、「チンジャオが覇王色の使い手」というのはいたし方ない設定かも知れません。

敗北感からの立ち直りのための「ONE PIECE」からのメッセージ


ONE PIECEの大きなテーマの一つが「敗北感からの立ち直り」だと思います。

尾田栄一郎先生によると、物語の半分まで進んだのが2010年7月くらいだそうなので、だいたい頂上戦争終結のあたりが物語の半分と考えることができます。

物語のちょうど半分で、ルフィが大きな挫折をしてしまい、そこから立ち上がるのです。

挫折から立ち上がり「3DX2Y」という決断を仲間たちと一緒にするという驚愕のストーリー展開でした。

このことから、ONE PIECEという作品の中で尾田先生は「夢の実現のためには挫折から立ち直らないと行けない」ということを私達にメッセージしたかったのではないかと思うのです。

尾田先生の人生が挫折からの成功の人生だとは個人的には考えにくいですが、今のような大きな成功を得るために挫折感を味わったり、敗北感を味わったりももしかしたらされたかも知れません。

そして挫折から立ち直るためのキーパーソンとなるのが海侠のジンベエでした。

失ったものばかり数えるな!!!無いものは無い!!確認せい!!お前にまだ残っているのもは何じゃ!!!

ONE PIECE 第60巻より

仲間この問いに対してルフィから出てきた答えは「仲間」でした。

これまでの航海で得た来て仲間との「絆」!これがルフィが敗北感から立ち直る「鍵」となったのです。

ONE PIECEから放たれる大きなメッセージが、、

「夢の実現のためには挫折、敗北から立ち直り、立ち上がることが必要」だということ。

そして、挫折、敗北から立ち直り、立ち上がるための力が「仲間」であることだと思うのです。

バルトロメオ「バリバリの実」最強説


バルトロメオバルトロメオバリバリの実が強すぎるという噂がありますね。

もしかして「最強」なのでは?と言う説もあります。

しっかり以下のような根拠もあります。

バルトロメオは、バリバリの実の能力によって、Bブロックを勝ち抜きました。

しかもエリザベーロ2世のパンチを凌いでの優勝です。

まず、エリザベーロ2世のパンチは、どれくらいのレベルなのかという問題です。

要塞を一撃で粉砕し、当たりさえすれば、四皇をも打ち沈めると言われる「キングパンチ」

四皇を打ち沈めるというのは、「それくらい凄いんだ」ということの比喩でしか無いと思います。

なので実際に四皇を打ち沈めることができるかどうかは別として、とにかくスンゴイパンチだということは間違いありません。

それを防いでしまうということは、バリバリの実の能力は、ほぼどんな攻撃も通用しないレベルに見えます。

そして、ジンベエを友と呼ぶくらいなので、かなりの強さであることが分かる魚人空手師魚人柔術「百段ハック」の攻撃を跳ね返し、逆にダメージを与えて、更に呆気無くハックを倒してしまっています。

また「バリアクラッシュ」と言う攻撃もエリザベーロ2世を一撃で倒すほどの強さです。

  • 四皇を打ち沈め、要塞を一撃で破壊すると言う伝説のパンチも通用しないため、バリアによってすべての攻撃は無効になる可能性が強いこと。
  • バリアを張った場合、攻撃が反発して、逆に攻撃した側がダメージを受けるようになること。
  • バリアクラッシュと言う技もかなりの攻撃力であること。

そして、もう一点は、物語の中でバルトロメオの言動を見ると、かなりの主要人物ようにうにも見えます。

例えば、こちらの一コマ↓
バルトロメオ 根

「ルフィとの因縁も根っこが深い」ということがこのセリフから読み取れます。

なので、物語の中で主要なキャラクターになることが予測できます。

以上のようなことを根拠として、バルトロメオ「バリバリの実」最強説は、なかなかいい線いっているかも知れません。

ベポとペコムズは元々動物?


しろくまトラファルガー・ローの仲間のベポとビッグマムの手下ペコムズについて考察します。

彼らの共通点は、「人間のように2本足で歩きまわったり、しゃべったりする動物じゃないか?」と予測できる点です。

つまりベポも人間ではなくクマであり、ペコムズも人間ではなくライオンだということです。

またゾオン系悪魔の実「ヒトヒトの実」を食べた動物なのかと言うと、それも違うと思います。

なぜならゾオン系悪魔の実を食べたキャラクターたちとは明らかに違う点が見られるからです。

ゾオン系悪魔の実を食べた人間は、半分が動物のような姿になることができます。

完全な動物の姿、半分動物の姿、人間の姿の3段階変身です。

チョッパーだけはランブルボールと修行によって、7段階8段階の変身ができますが、通常3段階です。

またチョッパーは、ヒトヒトの実を食べた動物なので、他の人間たちとは少し違いますね。

そして、ゾオン系悪魔の実を食べた人間が半分動物の形態になった場合、口の部分などに人間らしさが残ったりします。

とにかくポイントは通常のゾオン系悪魔の実を食べた人間は「変身する」ということです。

ですが、ベポに関しては、作中に「変身する」描写が無いです。

ベポが元々人間で、ゾオン系クマクマの実を食べたとしたら変身するはずです。

変身する描写が無いということは、漫画の魅せ方的に「変身しない」ということを意味しているように思います。

もし逆にヒトヒトの実を食べたクマだとしてもヒトヒトの実を食べたチョッパーの半分人間になった姿と比べると何だかちょっと違う気がします。

ですので、ベポはゾオン系悪魔の実を食べていないと予測しています。

ライオンペコムズも同じで、ライオンとしての3段階の変身の描写が今のところありません。

それどころか、亀に変身しています。

このことからペコムズの場合、カメカメの実を食べた(人間のように行動する)ライオンだと思います。

ベポもペコムズも人間から動物、あるいは動物から人間に変身する描写がないのが共通しています。

じゃあそもそもなんでライオンしろくまが人間のように2本足で歩いたり、喋ったりするのかというとそれはまだまだ不明ですが、私の予想では「ゾウ」と言う島に関係しているのではないかと思うのです。

現在、その「ゾウ」にローの仲間がいるそうですが、そのローの「(ゾウに)仲間がいる」というセリフの横にベポの絵が描かれています。

ゾウと言う島の名前が何か意味ありげです。

動物園のZOOから来ているようにも思えます。

また、ルフィとローの海賊同盟のターゲットは四皇でゾオン系悪魔の実の軍団を率いる「百獣のカイドウ」なので、これから進む島であるゾウにカイドウがいるのかもしれません。

そして、このゾウと言う島こそ、人間のように歩いたり、しゃべったりする動物の出現に関係しているのではないかと思います。

あとパッパグもヒトデですが、しゃべりますし、動きますし、デザイナーと言うクリエィティブな仕事をしています。

このパッパグももしかしたら、関係しているかもしれません。

ゾロがミホークに弟子入りした理由


今日はONE PIECEの作中では少し前のネタになりますが、私達が生きる上で参考になる内容を記事にしようと思います。

漫画の設定上の2年前、ルフィが頂上戦争で大きな心と体の傷を負いました。

そして、その後もう一度挫折から立ち直って2年間の訓練を決断しました。

ルフィの決断によってロロノア・ゾロも大きな決断をします。

ゾロがした衝撃の決断はミホークへの弟子入りでした。

これには驚きましたし、ゾロのその心意気に感動し、ワクワクドキドキしました。

私の中ではONE PIECEの中の屈指の名シーンの一つです。

どうやら野心に勝るものを見つけたようだな

ONE PIECE 第597話より

ミホークの言ったこのセリフがゾロの心理的変化、および心的成長を表しています。

これは私個人の考えですが、人間の成長とは、自分の欲望の実現よりも他者の欲望の実現を願うようになることだと考えています。

自分以外のものや人のために自分を投げ打つ覚悟ができるというのは人間として人格の大きな成長ではないかと思うのです。

ルフィの仲間になったゾロの動機は世界一の剣豪になることでした。

その野心の前に立ちはだかったのがミホークであり、そのミホークがゾロの宿敵でもあり、ライバルでもあり、目標でもあったわけです。

世界一の剣豪になることは世界一の剣豪を倒すことを意味するので、2年前のあの時(頂上戦争後)までは、ミホークに勝つ」というのが、ゾロにとっての最終目標と言ってもよかったのです。

その倒すことを目標にしていた相手から教えを請うという事は、プライドを捨てることであり、恐らくゾロは私達の考えている以上に自分の感情をのり超えていると思うのです。

だからこそ、ミホークに「どうやら野心に勝る物を見つけたようだな」と言わしめたのです。

ゾロの個人的願望としては、自分の力で世界一の剣豪となり、ミホークを倒すこと。

ところが、その自分自らの力で世界一の剣豪になるという野心を、その時にゾロは捨てた。

他者の夢の実現のために、自分の野望を捨てると言う生き様

いやさらに言えば、他者の夢を自分の夢とするということです。

これはとても高尚な生き方です。

スポーツ等で言えば、チームがナンバーワンになるために自分を投げ出すということ。

人は愛する人がいれば、その人のために生きようとします。

親に対する孝行の気持ち、妻や夫に対する愛情、子供に対する愛情。

人は親になるといつの間にか自分の事を忘れて子供のために生きるようになったりします。

世界一の大剣豪になるためにルフィの仲間となり、海賊になったゾロですが、今は目的が広がったように思います。

ゾロは現在、ルフィ海賊王にすることに大きな価値を感じているのではないでしょうか?

だから、ゾロは自分の野心を捨てて、ミホークに弟子入りしたのでしょう。

ゾウと言う島にカイドウがいる?


象トラファルガー・ローたちが目指す島が「ゾウ」だと言っていますが、この「ゾウ」と言う名前、気になります。

名前は、動物の「象」から来ているのでしょうか?

個人的にゾウとはZOO(動物園)から来ていていると思っています。

つまり、ゾウには、沢山の動物が生息する動物王国のような所ではないかと思うのです。

そこにはベポ等のローの仲間が既にいると言っていますが、ベポのようなしゃべる動物が住んでいる島なのかもしれません。

過去にしゃべる動物は、悪魔の実を食べたチョッパー以外には、ベポやペコムズなどが登場しました。

彼らがなぜ動物なのに人間のように話したり行動するのか未だに謎です。

作中の描写からすると、ヒトヒトの実を食べたクマ、あるいはライオンでは無いように思えます。

なぜなら、ベポはメスのクマが恋愛対象のようですし、人間ではないことがわかる描写が出てきます。

また、ペコムズも亀に変身しているので、人間がライオンの悪魔の実を食べたのではないようです。

もし、ゾオン系だとしても「カメカメの実」を食べたライオンだと思います。

なので、彼らはおそらくですが、元々人間のように喋って動ける動物で、その彼らは「ゾウ」と言う島の出身なのではないかと予想しています。

そして、このゾウに500人もの人造悪魔の実を食べた手下達を統べるカイドウがいるのではないでしょうか?

百獣の王のように獣を率いている百獣のカイドウと呼ばれているようですが、その正体は未だ謎です。

このカイドウは地球上で最強の「生物」とローが言っていますので、もしかして人間ではないとも考えられます。

ナミが「人間じゃないの?」と言っているのですが、これは尾田先生がわざと伏線として言わせたように思います。

人間も一応「生物」に部類するはずなのに、あそこであえて「人間じゃない」と言うセリフを言わせるのが意味深です。

人間じゃないからこそ、あの会話で、「最強生物」「人間じゃない」と言うキーワードがでたのでしょう。

ですので、カイドウはベポとかペコムズのように人間ではない「ゾウ」出身の海賊なのではないでしょうか?