ドンキホーテ・ドフラミンゴは天竜人?


フラミンゴ最近は週刊少年ジャンプでもドフラが目立っていますね。

ドフラミンゴが七武海を辞めていなかったと言う事実が明らかになりました。

それに対するローの見解は、ドフラがたった10人を欺くために「七武海をやめた」と全世界に誤報を出し、政府までも騙すほどの権力を行使することなどできないはずだというのです。

そして「お前まさか!」ってところで、今週の話が終わっていますが、インターネット上では、「ドフラミンゴ=天竜人」と言う噂が出てきています。

そして、特に先読みしている人の中には、「天竜人=D」だと考える人もいるようです。

つまりこの見解だと、多分「D」というのは天竜人の「竜=Dragon」のDから来ているのではないでしょうか?

なので、ドンキホーテ・ドフラミンゴも「ドンキホーテ・D・フラミンゴ」が正式な名前で、天竜人なのだという見解です。

世界政府のトップの更に上のポジションだから、世界政府の元帥をも欺くような誤報を出す権力があるのだということです。

ドフラミンゴが天竜人なのかは判りませんが、ドフラミンゴが世界政府トップを動かす権力と密接なつながりがあるということは解りますね。

ONE PIECEがまたまた面白くなって来ました。

トラファルガー・ローの戦略


トラトラファルガー・ローは、ミステリアスさがあって、外見もカッコイイので、かなり人気があるキャラクターです。

その謎めいた魅力が今までありましたが、最近はルフィらと同盟を組むことでだんだんと近しいキャラクターになって来ました。

ルフィの生き方は、凄いと思うし、あの天真爛漫さや真っ直ぐさは憧れの対象ではありますが、あのような生き方ができるのかというと個人的には非常に難しいです。

それで、私が興味関心を持ってきたのが、黒ひげマーシャルDティーチでした。

善悪観は差し置いて、あの戦略的な思考は面白いですし、共感が持てます。

以前の記事にも書きましたが、30代後半になるまで白ひげ海賊団の下働きで時を待って、チャンスを掴んでしまったわけです。

そして、また戦略的に王下七武海というポジションを使って、凶悪な海賊たちを味方につけて、ついには四皇の位置にまで登りつめました。

戦略的な思考法は私達も学びになりますし、非常に面白いので、私は黒ひげのファンでした。

ですが、トラファルガー・ローの生き方もなかなか興味深いものがあります。

元々ドフラミンゴの元でハートの海賊団のポジションで戦っていた時からおそらく現在始動している計画を練っていたのでしょう。

ドフラミンゴの元で、世界がどういう構造になっているのか世界情勢や海賊の勢力図や裏の取引の状況まで把握した上で、2年後の新世界編で計画を指導させたというわけです。

そして、新世界をひっくり返すための計画の一つの段階として、SADを狙っていた所、ルフィと同盟を組んだわけです。

黒ひげもローも王下七武海というポジションを利用して、政府に近づいた上で計画を進めているところが似ていますね。

今の段階で解っているトラファルガー・ローの最終目的は四皇の一人カイドウをその位置から下ろすことです。

神世界の勢力図を変えること目的としているわけです。

四皇はシャンクス、黒ひげ、ビッグマム、カイドウですが、それぞれのトップに近づくことは小さな海賊団では難しいとローが発言しています。

そのため、四皇の一角を崩すところからまずはスタートして、その後は、ローやルフィを中心とした勢力を四皇と同レベルの力まで引き上げようとしているのではないでしょうか?

ドレスローザでSADを破壊して、カイドウの勢力を弱めて、まずはカイドウを倒す。

現在実行中のこの計画を達成するまで興奮は冷めないですね。

メラメラの実をルフィが食べるという見解


メラメラの実を誰が食べるのか?という問題について今回も考えてみたいと思います。

個人的には、やはりルフィが食べて欲しいという願望があります。

もしルフィが食べるとしたら、既にゴムゴムの実を食べているがゆえに新たな設定が必要になります。

なので、「黒ひげの体が異形」というマルコ言葉がここでとても重要になって来ます。

黒ひげはヤミヤミの能力によって二つの悪魔の実を取り入ることができるのでは?と言う見解がありますが、そうではないと言うことです。

そうではなく、黒ひげは「異形だから」という理由で二つの悪魔の実の力を手に入れたという考察です。

そして、「異形」というのが黒ひげだけではなく、ルフィにも当てはまることで、二つの能力を所有することは可能となり、ルフィはゴムゴムの能力だけでなく、メラメラの実の能力も得ることができると言うわけです。

もう既にルフィは火が体から出る技を披露しています。

また、火が腕から出ている姿は色々な所で尾田先生によって描かれています。

これらの描写はルフィがメラメラの実を食べる伏線なのではないかとも考えています。

サンジもルフィと同じように体から火を出す技を使います。

では、彼らの技はどうなのかというと、体から出る炎は、メラメラの実の炎ほどのレベルではないでしょう。

メラメラの実の能力を身につけたらどれほどの力かは既にエースが見せてくれています。

ですので、ルフィがメラメラの実の能力を得ることができたら、当然今よりも強力な技をドンドン駆使することができるようになるでしょう。

これは私自身の個人的願望からくる予測です。

メラメラの実をコビーが食べるという見解


現在ドレスローザのコロシアムの賞品となっているメラメラの実を誰が食べるのか?と言う話題がネット上で流行しています。

  • シャンクス
  • サンジ
  • ルフィ
  • ゾロの刀
  • コビー
  • サボ

等が人気のある意見で、その他に

黒ひげ
ナミ
フランキー
などなど色々意見があります。

中でもコビーに食べて欲しい!と言う意見というか願望が結構多いのが面白いです。

コビーと言うキャラクターの過去を知っている古くからのワンピース読者であればあるほど、コビーファンが多くて、コビーに活躍させたい気持ちが強いのではないでしょうか?

コビーが海軍将校になるという夢を抱き、海賊王を目指すルフィと同時に成長し続けていることから多くのファンがコビーについています。

ゆくゆくは海軍大将になるという見解もあります。

もしコビーがメラメラの実を食べた場合、今の海軍元帥であるサカズキの元でマグマグとメラメラと言う上位下位の構図ができます。

頂上戦争の時にサカズキにコビーが楯突いたこともあり、今後もコビーはサカズキに対して反対意見を持って同じ海軍でも対立関係になることが予想されます。

そうなるとまた同じようにマグマグVSメラメラのリベンジがあるかもしれません。

上位のマグマグに対する下位のメラメラなので、覇気×悪魔の実の能力の総合力の勝負となりますね。

そこまで想像すると、やはりメラメラの実を食べるのはルフィなのではないか?と個人的には予想しています。