ゾロは二年間でミホークに勝っていたか?


ゾロ ミホークゾロ二年間ミホークの下での修行というのは、ONE PIECEの中でも非常に重要な意味を持っていると思います。

またゾロ片目の理由も気になっている人が多いでしょう。

2年間の中で隻眼になってしまうほどの激しい格闘をしたということを物語っています。

ゾロほどの剣豪が隻眼になるほどの戦いができるのは、ゾロのいたクライガナ島シッケアール王国跡地にはミホークしかいなかったでしょう。

ネット上を眺めてみると、これについて様々な見解があって面白いですね。

例えば、ゾロは二年間の間でミホークを倒したという意見があります。

片目を失うという大きな傷を追いながら、ミホークに勝ったのでは?と言う予想です。

確かに面白い予想ですが、ちょっと無理があるかなぁと個人的には思います。

なぜなら、王下七武海として名前を上がられているシーンもありますし、世界一の大剣豪であり、自分の師匠にもあたる人物にたった2年間で実力的に勝るは難しいと思うのです。

ミホークは昔、シャンクスと互角に戦った程の男です。

それほどの人物を既に倒してしまうほどあっけない話は無いだろうと思うのです。

ミホークは世界一の大剣豪なので、ゾロが既に倒しているとすれば、世界一の大剣豪のポジションにゾロが付いているでしょうし、そうなれば世界でも話題になると思います。

ですが、そういう話もないですし、やっぱり、ゾロのくいなに誓った「世界一の大剣豪」の夢は、ルフィが海賊王になるのと同時であったほうが良いと思うのです。

麦わら一味はそれぞれの夢を果たすために船に乗っているわけですが、ルフィが海賊王になる夢を実現させることがすなわち彼らの夢を同時に実現するようになると思うのです。

なので、ロロノア・ゾロジェラキュール・ミホークを倒すにはまだ時期が早いと考えています。

片目になった原因は、ミホークかも知れませんが、ミホークを倒したのではなく、一太刀浴びせることができ、その代償として片目をやられたのではないでしょうか?

ゾロがミホークに弟子入りした理由


今日はONE PIECEの作中では少し前のネタになりますが、私達が生きる上で参考になる内容を記事にしようと思います。

漫画の設定上の2年前、ルフィが頂上戦争で大きな心と体の傷を負いました。

そして、その後もう一度挫折から立ち直って2年間の訓練を決断しました。

ルフィの決断によってロロノア・ゾロも大きな決断をします。

ゾロがした衝撃の決断はミホークへの弟子入りでした。

これには驚きましたし、ゾロのその心意気に感動し、ワクワクドキドキしました。

私の中ではONE PIECEの中の屈指の名シーンの一つです。

どうやら野心に勝るものを見つけたようだな

ONE PIECE 第597話より

ミホークの言ったこのセリフがゾロの心理的変化、および心的成長を表しています。

これは私個人の考えですが、人間の成長とは、自分の欲望の実現よりも他者の欲望の実現を願うようになることだと考えています。

自分以外のものや人のために自分を投げ打つ覚悟ができるというのは人間として人格の大きな成長ではないかと思うのです。

ルフィの仲間になったゾロの動機は世界一の剣豪になることでした。

その野心の前に立ちはだかったのがミホークであり、そのミホークがゾロの宿敵でもあり、ライバルでもあり、目標でもあったわけです。

世界一の剣豪になることは世界一の剣豪を倒すことを意味するので、2年前のあの時(頂上戦争後)までは、ミホークに勝つ」というのが、ゾロにとっての最終目標と言ってもよかったのです。

その倒すことを目標にしていた相手から教えを請うという事は、プライドを捨てることであり、恐らくゾロは私達の考えている以上に自分の感情をのり超えていると思うのです。

だからこそ、ミホークに「どうやら野心に勝る物を見つけたようだな」と言わしめたのです。

ゾロの個人的願望としては、自分の力で世界一の剣豪となり、ミホークを倒すこと。

ところが、その自分自らの力で世界一の剣豪になるという野心を、その時にゾロは捨てた。

他者の夢の実現のために、自分の野望を捨てると言う生き様

いやさらに言えば、他者の夢を自分の夢とするということです。

これはとても高尚な生き方です。

スポーツ等で言えば、チームがナンバーワンになるために自分を投げ出すということ。

人は愛する人がいれば、その人のために生きようとします。

親に対する孝行の気持ち、妻や夫に対する愛情、子供に対する愛情。

人は親になるといつの間にか自分の事を忘れて子供のために生きるようになったりします。

世界一の大剣豪になるためにルフィの仲間となり、海賊になったゾロですが、今は目的が広がったように思います。

ゾロは現在、ルフィ海賊王にすることに大きな価値を感じているのではないでしょうか?

だから、ゾロは自分の野心を捨てて、ミホークに弟子入りしたのでしょう。