ルフイは七武海になるか?ならないか?


shitibukai3最近、「ルフィ 七武海」というキーワードでの検索が結構あります。

ちょっと調べて、展開予想のブログなど見てみると、ルフィ七武海になると予想している人が居るようです。

実際ルフィ七武海になるのでしょうか?

ありえなくもない気がします。

もしルフイ七武海になったら、ストーリー的にはワクワクしますし、とても面白い展開だと思います。
「ルフイは七武海になるか?ならないか?」の続きを読む…

海賊王になるのはルフィじゃなかった!?


最近ネットサーフィンしながら知ったのですが

「海賊王になるのはルフィじゃない!」

と考えている読者が意外と多いようですね。

ファンの間で黒ひげが海賊王になるという予言のような噂が上がっています。

何を根拠にそんな噂が出てきているのか知りたい場合、以前書いたこちらの記事を参照して下さい。

で、実際どうなんでしょうか?

今日は私の個人的な考察を話そうと思います。

kaizokuou0私は、やはり海賊王になるのはルフィである」と考えます。

理由をこれから書いてゆきます。

・・・

まず、例の2ちゃんねるに書かれたという予言のような書き込みには実は続きがあるらしいのです。

その続きとは?、、、

  • ルフィ達が古代兵器を手に入れる。

そして、

  • 海軍を落としてONE PIECEを手に入れ海賊王となった黒ひげと全面戦争をする。

というものです!

ドレスローザ編の後、ルフィ率いる麦わら一味は大海賊団になると言われていますので、つまりこれは大海賊団同士の全面戦争になる展開ということになります。

この続きの予言が正しいかどうかはまだ分かりませんが、これは面白いですし、私としても賛成したいです。

一度は黒ひげ海賊王になるにしてもやはり、「全面戦争」によってその黒ひげルフィが倒して、ルフィが最終的に海賊王になるということです。

やはり、夢を追い続けていたルフィが最終的に海賊王になることは読者も熱望しているでしょうし、そこは少年たちに希望を与えたい少年ジャンプのコンセプト的にもそうすべきだと思います。

いくら人気ナンバー1の漫画であっても、ジャンプの友情、努力、勝利という三大原則には、やはり一致させる必要があるでしょう。

いやむしろ人気ナンバー1の漫画だからこそ、そのジャンプテーマ、三大原則に一致すべきですし、最も王道を行かなければならないと思うのです。

友情、努力、勝利、、、そう、つまり最終的にはやはりルフィ達が勝利を勝ち取らなければならないのです。

kaizokuou何より、あのルフィの確信に満ちた決断は必ず実を結ぶと考えざるを得ないのです。

尾田先生は、ラストが最も盛り上がる漫画だと豪語しています。

そして、だからこそ、盛り上がるために、一度意外な展開として「黒ひげが海賊王になる」という展開を持ってくるのではないか?とも考えられないでしょうか?

ベラミーが人気急上昇した理由


ドレスローザ編も盛り上がっていて、毎週ジャンプが楽しみですね!

ベラミーところで、ちょっと前の話になりますが、ドレスローザ編でベラミーが再登場しました。

このベラミーの再登場に興奮を覚えたファンも少なくないでしょう。

今回の登場で間違いなくベラミーファンが増えたと思います。

ファンが増えたと言える一つの証拠といえるか分かりませんが、今度、ハイクオリティフィギュアで有名なメガハウスのP.O.P(Portrait.Of.Pirates)シリーズからベラミーが出ます。

このP.O.Pシリーズと言うのは、こだわりのフィギュアを作るブランドで、発売するフィギュアも厳選しています。

ワンピースには沢山のキャラが登場しますが、その中でも厳選して、作る価値の高いもの、作る意味が深いものを選んでいます。

なので、そのP.O.Pシリーズにこのベラミーが登場したのは、人気の一つの証といえるでしょう。

では、どうしてここまでファンが増えたのかというと、それはベラミーのメンタル面の変貌であるといえるでしょう。

マインド、考え方が大分変わったのです。

生き方が変わったとも言えます。

初登場時のベラミーは、悪っぽい、小者っぽいキャラでしたが、新たに登場したベラミーは、だいぶメンタル的に成長したと言えます。

深みのある魅力的なキャラになりました。

海賊が夢を見る時代は終わったと言っていた前と一つ大きくちがうのが、「夢を追っかける男」になったというところです。

ベラミールフィルフィに「変わったよ」と言わしめました。

そして、ルフィが「ベラミーがんばれ」と応援するくらいに「ルフィも一目置く男」に変貌を遂げました。

夢を追っかけるやつがルフィは好きです!

ベラミードフラミンゴに憧れているという所がありますが、ドフラミンゴに見捨てられたような立場に経ってしまいましたし、今後ベラミーがどう行動するか楽しみです。

麦わら一味には入らないと思いますが、今後ルフィの仲間的立場になるんじゃないでしょうか?

黒ひげが海賊王になる?


2009年4月9日に2ちゃんねるで以下のような書き込みがあったそうです。

少し未来のワンピースを教えますね。
麦わら一味はバラバラになりますが、新世界に入る前に再会します。
四皇の一角、白ひげ海賊団の白ひげとエースは死にます。
新世界に入ったら麦わら一味は七武海のドフラミンゴと戦います。
大将の一人が元帥になってもう一人の大将が辞めます。
ルフィが死に別れたはずの兄弟と再会します。
また四皇の誰かが死にます。(これは言えません)
麦わら一味が大海賊団の一つになります。
黒ひげが海軍を落とします。
黒ひげが海賊王になります…が、そこから先は言えません。
(2ちゃんねるより転載)

roger1これを書いたのは編集関係者なのか、ただの一般の読者の予想なのかは分かりませんが、この書き込みが読者の間で再度話題になっています。

2009年のこの時期は、ジャンプ連載でも麦わら一味バーソロミュー・くまによりバラバラになるくらいのタイミングです。

このタイミングで白ひげエースの死、さらにはその後のことを予言しています。

そして、実際に今現在連載中の「ルフィが死に別れた兄と再会」するところまでこの書き込みの通りになっています。

ただ2ちゃんねるからのコピペなので、本当に2009年4月当時に書いたという確証はないです。

「2ちゃんねるってウソだらけ」という話もありますが、この書き込みばかりは、個人的にかなり気になっています。

何故かというと、この後のストーリー展開が、本当にこの予言の通りになりそうな気がするからです。

麦わら一味が大海賊団の一つになる

実際今の原作でのストーリー展開からすると、このドレスローザ編が終わったら、麦わら一味大海賊団になりそうな雰囲気です。

過去にドラム王国やアラバスタ王国でも仲良くなっていますし、魚人島もそうですし、過去にルフィに救われた国とか島は数多く、頂上戦争までにルフィと仲間のようになっている海賊団も本当に沢山あります。

そして、今のドレスローザの戦いが終われば、コロシアムに出場したキャラなど、仲間がさらに増えそうです。

あと個人的には、今のONE PIECEアニメのオープニングで流れる描写の中で麦わら一味全員が海賊らしい帽子をかぶって、立派な衣装を来ているのが気になります。

この描写は、麦わら一味大海賊団になる伏線で、現在の9名が大海賊団の幹部になるのではないでしょうか?

また、このオープニングでルフィ、ゾロ、サンジが元帥や大将と戦ったり、ルフィが黒ひげと対決するシーンが描かれているのも原作への伏線のように思えます。

麦わら一味が、今の小規模海賊団のままでは、今後物足りない気がします。

この小規模海賊団のままでルフィONE PIECEを手に入れて海賊王になるとは考えにくいです。

このドレスローザ編の後に、四皇の一角が落ちて、ルフィ四皇と呼ばれるようになるのかは分かりませんが、ルフィ海賊王になる前には、やはり「四皇と並ぶ」というステップは必要だと思います。

なので、生き別れた兄(サボ)との再会を果たした以後のストーリー展開も予言の通りになるのではないかと思うのです。

黒ひげが海軍を落として海賊王に!

これが今日の本題ですが、これはすごく信ぴょう性が高いと思います。

理由の一つとして、ルフィがそのまんまストレートに海賊王になるのでは、誰もが予想する通りなので、全くおもしろみがないからです。

尾田先生は、意外性によって読者を喜ばすところがあります。

そして、やはり黒ひげは登場した当初から海賊王になれるだけの貫禄を持っていました。

以下の画像を見てください。

人の夢は終わらねェ

人の夢は!!!終わらねェ!!!!

これはONE PIECEの中で1,2を争う名言だと個人的に思っています。

この名言を残した黒ひげ海賊王になるに相応しい貫禄です。

また、黒ひげ戦略的行動も目を見張るものがあります。

ヤミヤミの能力を手に入れた後、七武海に入って、インペルダウンの凶悪な囚人を仲間に入れて、海軍と白ひげ海賊団に潰し合いをさせて、白ひげからグラグラの能力を奪うという、美味しい所を持って行ってしまう的な頭脳プレーです。

計画にズレが生じたりして軽率さや浅はかさを持ちながらも大筋の計画はうまく行っているところも黒ひげの凄いところです。

最近、電伝虫で黒ひげの顔が表されていましたが、ヒゲが実在の黒ひげ(エドワード・ティーチ)のようになっていて、2年前よりも、さらに海賊王らしい外見になってきたとも言えるんじゃないでしょうか?

シャンクスも白ひげに直接エースの黒ひげ追撃を止めるように忠告するなど、前々からかなり黒ひげには警戒していたようですし、、

また黒ひげマーシャル・D・ティーチは、Dの意志を受け継ぐ者です。

トラファルガー・ローが「Dはまた嵐を呼ぶ」と言っていましたが、名前にDを持つ者は、ONE PIECEの世界では、間違いなくキーパーソンです。

なので、まず黒ひげONE PIECEを手に入れて、世界をひっくり返し、海賊王となり、その黒ひげルフィが対峙して、最終的にルフィが海賊王になるのではないかと予想します。

麦わらの一味の副船長に関する新たな見解


ONE PIECE原作が年末にかけて盛り上がりましたね。

現在、個人的には頂上戦争以上に面白い時だと思います。

四皇やサボの登場やトラファルガー・ローの過去等、気になりまくる伏線が盛りだくさんです。

麦わら一味の副船長のポジションに誰がつくか?

ところで、麦わら一味副船長に誰がなるのか?気になっている人もいると思います。

今の段階では、誰が副船長になってもいい感じもしますが、元々ONE PIECEが連載になる前の尾田先生の絵コンテのようなものでウソップらしき狙撃手のキャラを副船長の設定にしようとしていました。

ですが、ストーリーが進むに連れて、個人的にウソップに副船長の貫禄があるようには益々思えなくなってしまいました。

やっぱり副船長のイメージといえば、赤髪海賊団のシャンクスの右腕ベンベックマンのイメージが強いです。

あれくらいの貫禄があってこそ、副船長にふさわしい」と考えた場合、ウソップでは厳しい感じです。

2年間の修行で相当過酷な環境で鍛えられて来たはずなのに、ドレスローザでは、ドフラミンゴにビビりまくっていますし、新世界編が始まった当初に比べて、段々ウソップが臆病系キャラに戻ってしまっているのが個人的に残念です。

今後ウソップが成長するかもしれませんし、どういう展開になるかは分かりませんが、今の段階では、ウソップが副船長にはなりにくい気がします。

もしかして、目の前でヤソップが殺されて、覚醒する!なんてことでも起これば副船長級の貫禄がつくかもしれません。

なにもな゛かったそれよりも今副船長候補として私がイチオシなのがロロノア・ゾロです。

最初にルフィの仲間になったのもゾロですし、スリラーバークでの最後にバーソロミュー・くまの襲撃から仲間たちを守ったその行動は、麦わら一味の副船長としてメンタル的にもふさわしいように思えるのです。

参考記事

この時にゾロのとった行動は、一味のリーダーの代わりとして十二分の責任を負ったものと思われます。

またゾロが船長ルフィの全ての痛み(ダメージ)を背負う経験をした」というところに大きな意味があると思います。

もう一点注目すべきは、ゾロと同じくサンジも仲間のために命を捧げようとしているところで、なので、サンジも副船長の貫禄ありと言えるでしょう。

ですが、実際にすべてを背負って実行したのはゾロでした。

ここでゾロがあの船長ルフィの全ダメージを受けた継いだという所にまた深い意味があって、これが「ゾロが副船長になるための伏線ではないかとも考えるわけです。

ちなみに、このバーソロミュー・くまの行った一見酷いと思える行動自体も、麦わら一味の結束力等を再確認するための深い意味のあるものだったと思います。

というわけで、ゾロ副船長にふさわしいと考えていましたが、最近、サボルフィと再会したことによって、新たな見解が私の中に生まれました。

サボが仲間になって副船長に?

サボサボメラメラの実を食べてロギアの能力者となれば、ロギアのいない麦わらの一味に新たな戦力が加わりますし、サボが仲間になるという可能性は十分にあるように思います。

そして、そうなるとサボ麦わら一味副船長のポジションに立つことも無きにしもあらずと思うわけです。

ルフィとの絆という意味では、他の麦わら一味のメンバーに匹敵するものがありますし、作中の描写からエースの意志を受け継ごうとしているところが解ります。

ここで「エースの意志」って何か?というのを改めて考えてみると、エース白ひげを海賊王にしようとしていました。

エースが白ひげと出会ってからは、決して自分が海賊王になろうとしていなかったというところがポイントです。

つまり、「エースの意志」と言うのは、「自分の愛する者(白ひげ)を海賊王にしよう」という所にあったと考えられます。

そう考えると、エースの意志を継ごうとするサボは、「自分の愛する者(ルフィ)を海賊王にしよう」と考えるのではないかと思います。

そうすると、サボ麦わら一味に入って、ルフィの右腕となって、副船長となることも考えられます。

ドフラミンゴも海賊王を目指している?


ドフラONE PIECEの原作では第731話でサボらしき人物が登場して盛り上がってきていますね。

ドフラミンゴ討伐作戦に向けて麦わら一味達が動き出しています。

ところで、このドフラミンゴという男のやってきたことが段々と明らかにされて、幻滅した人もいるんじゃないでしょうか?

ドレスローザを騙し取った鬼畜的行動は、私も衝撃を受けました。

2ちゃんねる系でも「小者」と言う表現を使っている人が多いですが、その狡猾で自己中心的な行動は、まさに「小者」と思わざるを得ません。

そんなことをして、国王の立場に戻らずに、正々堂々とやれないのか?って思うんです。

王下七武海になれる実力はあるはずなのに、わざわざ裏工作を使って七武海になっているし、国王に戻るのも狡い手を使って、、、

今回明らかになったドフラの過去でおそらく多くのファンから見ても株が下がりまくったと思います。

モネのセリフ「海賊王になる男」からドフラミンゴ海賊王になることを目指していることが予測できますが、同じ海賊王を目指すにしてもルフィとは、対照的なキャラクターです。

部下からかなり慕われているドフラミンゴですが、私個人的には、ドフラミンゴ海賊王の器ではないと思ってしまいます。

現段階では、ドフラがなぜあのような行動をとったのかはまだ明確ではないので、一概にダメ男と言い切るのは、早いかもしれません。

でも、今の明かされている描写だけを見ると、ドフラミンゴ海賊王になれる男ではありません。

ドフラがやっていることは、初期の頃登場したキャプテン・クロと変わらないやり方です。

キャプテン・クロも、ずる賢く酷いやり方でカヤの財産を奪おうとしましたが、ドフラミンゴが10年前にやったことも質的にそれとそっくりです。

そのキャプテン・クロに対して、ルフィが何と言ったでしょうか?

ルフィは、「キャプテン・クロよりもウソップの方が器が上だ」というようなことを言いました。

実際、正義感が強く、村人のためにうそつきという汚名を被り通したウソップは立派ですし、器があります。

そうすると、当然ドフラミンゴよりもウソップのほうが器が上とも考えられます。

どう考えても、ドフラミンゴはメンタル的に海賊王の器とは思えないのです。

覇王色の覇気を使えるのも納得できない程です。

そもそも上に立つ人物があれじゃあ、人もついてこないんじゃないか?と思うほどです。

ドフラミンゴの名言に以下のようなものがあります。

海賊が悪!? 海軍が正義!?
そんなものはいくらでも塗り替えられてきた!!
平和を知らねぇ子供共と、戦争を知らねぇ子供共との価値観は違う!!
頂点に立つ者が善悪を塗り替える!!
今この場所こそ中立だ!!
正義は勝つって!?そりゃそうだろ!!
勝者だけが正義だ!!!

ONE PIECE 第556話より

このセリフから考えてみても、ドフラミンゴは歴史の秘密を知っていて、空白の100年についても知っている可能性があります。

そして、このセリフからドフラミンゴ善悪観が伺えます。

「勝者だけが正義」

これは単純なようで深い名言ですが、この言葉にドフラミンゴの善悪観が表現されていると思います。

だからこそ、自分が勝者になるためには手段を選ばないのがドフラミンゴなのです。

ドフラミンゴルフィと根本的に違うのが、その行動に「良心」が介在しないところです。

よくよく見ると、ルフィが正しいと思うこと、そしてその行動には良心があるように思います。

勝者だけが正義?

じゃあ正義ってなんだ?って話です。

正義って勝者?

じゃあ勝者になるために手段を選ばずに行動して、最強の勝者である海賊王になってその後は?

元々正義っていうのは、ピュアに正しいことだと思います。

言い換えれば、良心がないといけないと思うんです。

良心に根ざしたものでなければ、本当の正義じゃないと思います。

ONE PIECEの大きなテーマの一つがこの善悪観だと私個人的には考えていますが、行動の動機が良心的なルフィこそが本当の善を実行できる男だと思います。

ただルフィ自身に善悪観があるようには見えず、だた自分が正しいと考えることを貫く男に見えます。

しかし、そのルフィが貫く行動の根っ子に良心があると思うんです。

やっぱりルフィこそ海賊王になる男です!

ルフィの勢力が実は今や強大になっている事実


ルフィの仲間ルフィ率いる麦わらの一味はたった9名ですが、今やその協力関係にある組織は多く、その勢力は強大です。

ルフィが海賊王になるその時に向けて、周囲もルフィを中心に動いている感じがします。

改めてなぜそう思ったのかというと、第720話のチンジャオの行動です。

ルフィに頭を「錐(きり)」に戻してもらって、そのお礼として、サイ率いる八宝水軍をルフィの傘下にしたいとのこと。

これはまた凄い話だなぁと思いました。

今までは、協力関係や同盟でしたが、今度はいよいよ「傘下」です。

部下が相当増えます。

ですが、考えてみると、新世界編が始まった時に、ニセルフィが募集をかけただけであれだけの強豪が集まったわけです。

今はルフィが勢力を増やそうと思えばいくらでもその勢力を相当拡大させることができそうです。

そして、麦わら一味によって救われた島や国があまりにも多く、実は既に今麦わら一味と協力関係に立っている組織は数多いのです。

例えば国や島レベルで思いつくだけでも以下のとおりです。

  • ドラム王国
  • 王女ビビのアラバスタ王国
  • 空島スカイピア
  • アマゾン・リリー
  • 魚人島

また「味方だろう」と思える組織や大物キャラクターは数多くいます。

  • 冥王シルバーズレイリー
  • 王下七武海トラファルガー・ローとその海賊団
  • 王下七武海ジェラキュール・ミホーク
  • 王下七武海ボア・ハンコック
  • 王下七武海バーソロミュー・くま?
  • 王下七武海バギー?
  • 元王下七武海ジンベエ
  • 元王下七武海クロコダイル&ダズ・ボーネス
  • 恐らく今マルコが率いている白ひげ海賊団

こうしてみると、王下七武海の7名中5名が味方ですね。

また、王や権力者で言えば、

  • アラバスタ国王コブラ
  • アラバスタ王女ビビ
  • 魚人島王ネプチューン
  • 魚人島王子たち
  • しらほし姫
  • アマゾン・リリー皇帝ボア・ハンコック

等など

さらに極めつけはシャンクス率いる赤髪海賊団、そして革命軍です。

あとは海軍のG5も仲間みたいなものでしょう。

ミホークが評した言葉「周囲を次々と味方につける」という言葉は正に本当で、ルフィは関わった人達をドンドン味方にしています。

ルフィが一声かければ、彼らは協力してくれるはずです。

もちろん、ルフィにはそんな事は考えていないかも知れません。

ですが、いざというときは「助けてくれ」と言えるのがルフィという人物です。

今回の八宝水軍と言い、今や世界政府海軍の脅威とも言えるルフィ&麦わら一味ですが、彼らが思っている以上にもっと驚異的な勢力を持っていると改めて思いました。