バルトロメオが9人目の仲間になるか?


バルトロメオバルトロメオが仲間になるかならないか?話題になっています。

バルトロメオがローグタウンのルフィを見た時から、熱狂的なルフィのファンだったというところからそう言われています。

これは予測が難しいところですが、私の今の意見としては、バルトロメオは仲間にはなるが、「麦わら一味としての仲間にはならない」です。

つまり、1人目のゾロから数えて、9人目あるいは10人目の仲間にはならないと思います。

麦わら一味は2年前の9名でほとんどが完了しているという説もあります。

ですが、ルフィは最初に仲間が「10人は欲しい」と言っているので、ルフィ以外に10名が仲間になって、最終的に麦わら一味と呼ばれるメンバーはルフィ含めて11人で構成されると思います。

もしそうだとしたら、残り二人ということになりますが、その一人はバルトロメオではないと思います。

当然仲間といえば仲間にはなると思いますが、麦わら一味11名(予想)のメンバーには入らないと考えています。

今誰が麦わら一味としての仲間になるんじゃないか言われているか?ファンの間で噂されているキャラクターは以下のような感じです。

  • バーソロミュー・くま
  • ジンベエ
  • クロコダイル
  • Mr.2・ボン・クレー
  • 錦えもん
  • モモの助
  • ジュエリー・ボニー
  • サボ

これらのメンバーと比較してバルトロメオは麦わら一味に適した人材でしょうか?

深い考察はここでは書きませんが、上記のキャラそれぞれに根拠やファンの願望があり、それと比較してバルトロメオはちょっと麦わら一味のメンバーの一人としてはキャラ的に厳しい感じがします。

意外な展開が好きな尾田先生ですが、上に上げたバルトロメオ以外の仲間候補者の方が仲間になる確率が高い気がします。

バルトロメオは残虐すぎるし、麦わら一味のイメージに合わない気がします。

もし仲間になるなら、他の海賊団のようにバルトクラブ海賊団ごとルフィの傘下に入るのではないでしょうか?

バルトロメオの「あの人」確定?


バルトロメオバルトロメオがかつて「メラメラの実はあの人に」と言っていましたが、その「あの人」がほぼ確定しました。

意外にも「あの人は」ズバリ「ルフィ」でした!

第720話でバルトロメオルフィの熱狂的なファンであることが解りました。

ルフィの記事を2年間追っかけ来て、今や涙を流すほどで、本人を目の前にすると緊張して声が出ないほどのファンでした。

まさか「こう来る」とは思いませんでした。

殺らせねぇバルトロメオがキャベンディッシュに「おめェには殺(と)らせねェべよ」と言ったセリフからすると、まるで自分が殺すんじゃないかともとることができましたが、「殺らせねェ」と言うのは実際には守るということだったわけです。

「メラメラの実はあの人に」と言って大会を勝ち進んでいた時にはルーシーの正体がルフィだとは知らなかったということです。

それで、キャベンディッシュによってルーシーがルフィだと知ったわけですが、メラメラの実を捧げようとしていたその人がまさか大会に参加していたとは、バルトロメオにとって驚きだったということです。

知ってしまった今の段階では、もしバルトロメオが大会で勝ち進んでルフィと対決する時になった場合、ルフィの不戦勝になりそうです。

バルトロメオ 根バルトロメオ「こっちの方が根が深ェ」と言っていましたが、キャベンディッシュのルフィへの逆恨みと比べると確かに根が深いのかもしれません。

同じ2年以上前からの「思い」でもキャベンディッシュは自分から人気を取られた恨み。

バルトロメオは奇跡を見てからのファンとしての熱い思い。

確かに二人共ルフィによって人生を変えたのでしょうが、バルトロメオのほうが衝撃的な体験と言えます。

確かに根が深い!

バルトロメオの発言「根が深い」について


バルトロメオ 根バルトロメオの「こっちの方が根が深ェ」という発言が気になっている人が結構いますね。

この発言をよくみてみると「根が深ェ」「根が」「・」が付いているのが解ります。

「根が」に・が付いているということは、この「根が」を強調しているということになります。

これはルフィの命を狙う理由の根っこがかなり深く、何かの因縁があるという事を意味しているのでしょう。

ここでまた気になるのが、バルトロメオが以前に言ったメラメラの実を捧げる「あの人」です。

恐らく「根が深ェ」「あの人」は深く関係しているはずです。

ネット上を見てみると、この「あの人」「サボ」だという噂で盛り上がっています。

幼い頃、ルフィとエースと義兄弟となったサボ

今後、物語の中で重要人物になることは間違いないキャラクターです。

革命家ドラゴンに引き取られて、今恐らく革命軍の幹部にでもなっているであろうことが予想されています。

革命軍自体が未だにONE PIECEの中で謎の組織です。

謎の組織ではありますが、革命家ドラゴンの行動や革命軍の行動を見るとどうやら「大義」のために活動しているように見えます。

一方でバルトロメオは、海賊たちの「串焼き映像配信事件」善良な市民への「砲撃放火」等を過去に行い「残忍無比のイカれたルーキー」とまで呼ばれています。

そんなバルトロメオがメラメラの実を捧げたい「あの人」が革命軍にいるであろうサボだとしたら、ここに違和感が生じると思います。

こんな「イカれたルーキー」であるバルトロメオが「大義」に生きる革命軍と関係しているのか?という問題です。

だから私はバルトロメオは革命軍やサボとは関係していないだろうと最初は思いました。

しかし、あることから、その考えを少し改めました。

それは、同じく革命軍のバーソロミュー・くま「暴君」と呼ばれ、かつて残虐の限りを尽くしたと言う話があります。

ですので、まだまだ謎に包まれた革命軍は、残虐とか言うレベルでは計り知れない幅広い組織なのではないかとも考えるのです。

残虐の限りを尽くした暴君バーソロミュー・くまが革命軍だという事実が、バルトロメオも革命軍ではないかという考察につながりました。

そして、もう一つは「根が深い」という発言です。

君もか作中のセリフからは中々予測が難しいのですが、キャベンディッシュのバルトロメオに対する「フフフそうか君もか」というセリフの「君も」にまた「・」がついています。

まずこれは他にも沢山の人がルフィの命を狙っていると言うことを表しており、またバルトロメオ自身もルフィの命を狙っていると言うことも表しているようです。

そして「根が深い」というのは、「ルフィの命を狙う理由の根」が深いということになるので、もしサボバルトロメオの言う「あの人」だとすると、サボがルフィの命を狙っているのではと言う考察も出てきます。

つまり、子供の時に兄弟の契りを結びながらも、サボが何らかの理由で、ルフィを殺害しようと考えているのかもしれません。

ですが、ここはまだ謎だらけです。

次のセリフも考察が微妙です。

いやあの男はこのセリフは、キャベンディッシュに「殺らせ」ず、自分が殺ると言う意味にも捉えられますが、逆にバルトロメオ「ルフィを守る」という意味なのかも、、と思うのです。

これが読みが深いのか、読みが浅いのか自分でも良く解りませんが、とにかくかなり根が深いということは言えそうです。

バルトロメオ革命軍なのか?そして、ルフィなのか味方なのか?まだまだ謎が多いです。

この先、超楽しみですね!

バルトロメオ「バリバリの実」最強説


バルトロメオバルトロメオバリバリの実が強すぎるという噂がありますね。

もしかして「最強」なのでは?と言う説もあります。

しっかり以下のような根拠もあります。

バルトロメオは、バリバリの実の能力によって、Bブロックを勝ち抜きました。

しかもエリザベーロ2世のパンチを凌いでの優勝です。

まず、エリザベーロ2世のパンチは、どれくらいのレベルなのかという問題です。

要塞を一撃で粉砕し、当たりさえすれば、四皇をも打ち沈めると言われる「キングパンチ」

四皇を打ち沈めるというのは、「それくらい凄いんだ」ということの比喩でしか無いと思います。

なので実際に四皇を打ち沈めることができるかどうかは別として、とにかくスンゴイパンチだということは間違いありません。

それを防いでしまうということは、バリバリの実の能力は、ほぼどんな攻撃も通用しないレベルに見えます。

そして、ジンベエを友と呼ぶくらいなので、かなりの強さであることが分かる魚人空手師魚人柔術「百段ハック」の攻撃を跳ね返し、逆にダメージを与えて、更に呆気無くハックを倒してしまっています。

また「バリアクラッシュ」と言う攻撃もエリザベーロ2世を一撃で倒すほどの強さです。

  • 四皇を打ち沈め、要塞を一撃で破壊すると言う伝説のパンチも通用しないため、バリアによってすべての攻撃は無効になる可能性が強いこと。
  • バリアを張った場合、攻撃が反発して、逆に攻撃した側がダメージを受けるようになること。
  • バリアクラッシュと言う技もかなりの攻撃力であること。

そして、もう一点は、物語の中でバルトロメオの言動を見ると、かなりの主要人物ようにうにも見えます。

例えば、こちらの一コマ↓
バルトロメオ 根

「ルフィとの因縁も根っこが深い」ということがこのセリフから読み取れます。

なので、物語の中で主要なキャラクターになることが予測できます。

以上のようなことを根拠として、バルトロメオ「バリバリの実」最強説は、なかなかいい線いっているかも知れません。