麦わら一味10人目は誰だ?


バルトロメオバルトロメオがルフィの仲間になるかどうかちょっとした話題です。

前回の記事で、そのことについて書きました。

私の予想では、バルトロメオはルフィの傘下になると思いますが、麦わら一味のメンバーとしては、難しいと考えています。

ここで、ルフィの9人目の仲間、、つまり麦わら一味のメンバーの10人目になるのは誰か?今現在ネット上などで噂されているキャラクターを以下に書きます。

  • バーソロミュー・くま
  • ジンベエ
  • クロコダイル
  • Mr.2・ボン・クレー
  • 錦えもん
  • モモの助
  • ジュエリー・ボニー
  • サボ
  • ウルージ
  • バルトロメオ

どうして彼らがルフィの仲間になると予想されているのか?その根拠を以下に書きます。

バーソロミュー・くまが仲間になる理由

くまバーソロミュー・くまが仲間になる理由は、麦わら一味の悪魔の実の能力者の共通点から来ています。

麦わら一味の能力者の悪魔の実の名称を見てみると以下のようになります。

チョッパー:ヒトヒト→1-10
ブルック:ヨミヨミ→4-3
ルフィ:ゴムゴム→5-6
ロビン:ハナハナ→8-7

となり、この中に1,3,4,5,6,7,8,10と数字が入っています。

そしてこの中でまだないのが2と9なので、ニキュニキュの実の能力者であるバーソロミューくまが仲間になると言われています。

この説のもう一つの根拠としては、既に麦わら一味のために大きく尽力しているところになります。

まず、政府からの麦わら一味抹殺命令を守らず、ゾロの心意気に免じて、麦わら一味を見逃しました。

また、シャボンディ諸島で麦わら一味をそれぞれの成長に適した場所に飛ばして、窮地から救いました。

そして、2年後の麦わら一味の船出の前までサウザンドサニー号を守りました。

2と9の条件を満たしていること。

既に麦わら一味の助っ人であること。

以上の2点を根拠として「バーソロミュー・くまが仲間になる」という説が有力になっています。

ジンベエが仲間になる理由

ジンベエこれはもう既に魚人島編の最後にジンベエルフィから仲間に誘われた時に、後々仲間になることを約束しているからです。

今はやるべきことがあるから一緒に旅はできないが、後に仲間になるということを語っています。

もう一つは頂上戦争でエースを失って精神崩壊に陥ったルフィのパニック状態を救った人物であり、ルフィの恩人でもあります。

次の仲間になるかどうは分かりませんが、後々仲間になることは間違いなさそうです。

クロコダイルが仲間になる理由

クロコダイルこれは麦わら一味に女性が2名しかいないので、バランスを取るために女性が入ったほうが良いという事。

それから、麦わら一味にロギアの悪魔の実の能力者がいないので、ロギアが一人欲しいというところからです。

クロコダイルは実は女性だったと言われています。

クロコダイルのピアスの位置やエンポリオ・イワンコフが弱みを握っているということを根拠としてほぼ間違いなくクロコダイルは過去女性だったはずです。

それで、クロコダイルが女性に戻った後に、麦わら一味に加われば、ロギア系能力者であり女性であるので、上記の条件(ファンの願望)が満たされるというわけです。

Mr.2・ボン・クレーが仲間になる理由

ミスター2ボン・クレールフィボンちゃんは友情の深さが半端ないからです。

まず最初に海軍から麦わら一味を救うことでインペルダウンに収監されています。

それからルフィをマゼランの毒から助けるために命をかけて戦い、精神を尽くして応援しました。

更には、インペルダウンからの門を開くために、たった一人でインペルダウンに残りました。

その犠牲の精神からして、麦わら一味のメンバーに加わってもおかしくないキャラクターです。

そのためMr.2・ボン・クレーことボンちゃんが仲間になるんじゃないかと言われています。

錦えもんが仲間になる理由

錦えもんは既に麦わら一味と行動を共にしていて、このまま仲間になりそうな気もします。

錦えもんの仲間になる理由は、くまと同じ数字説からです。

チョッパー:ヒトヒト→1-10
ブルック:ヨミヨミ→4-3
ルフィ:ゴムゴム→5-6
ロビン:ハナハナ→8-7

この中で無いのは2と9なので、名前に2と9を含んだ悪魔の実の能力者が麦わら一味に入るという説です。

錦えもんの悪魔の実の名称は明かされていませんが、ものを服に変える能力なので、「フクフクの実」ではないか?と言われています。

それで、

フクフク→2-9

で、麦わら一味に入る数字の条件を満たしているというわけです。

もう一つの根拠として、尾田先生が、侍、任侠が好きなので、メインキャラに入るんじゃないかとも個人的に思ったりしています。

モモの助が仲間になる理由

錦えもんが死んでモモの助が仲間になるという説もあります。

フクフクの実が遺伝するという説を唱える人もいるのですが、既に人造悪魔の実を食べているわけですし、既に生まれているのに能力が遺伝するかと言うとちょっと無理があるとは思います。

モモの助が麦わら一味に入る根拠はあまりないようですが、恐らくキャラとか雰囲気的に仲間になって欲しいッて感じじゃないでしょうか?

ジュエリー・ボニーが仲間になる理由

これも数字の説からの根拠もあって、ボニーは人の肉体年齢を操るので、肉肉→「ニクニクの実」の能力者ではないかという話です。

それで、

ニクニク→2-9

で、麦わら一味に入るのではないか?

また、女性キャラが入ることで一味がバランス良くなるという話もあります。

ジュエリー・ボニーは、ルフィの母であるとか、ルフィの兄弟であるという説もありますが、それも麦わら一味にボニーが入る根拠と言えるでしょう。

サボが仲間になる理由

サボが生きていることは作中の描写からほぼ間違いありません。

ルフィとサボが再開した場合、サボはルフィの仲間になる可能性もあります。

ウルージが仲間になる理由

ウルージ仲間説を唱える人は、半分冗談じゃないでしょうか?

まずは筋肉を増大化させるので「ニクニクの実」→2-9

また、麦わら一味に入るメンバーにはそれぞれ夢がある。

そして、ウルージには教義を広めたいという夢がある。

だから、その夢の実現のために麦わら一味に入るという説です。

個人的には程遠い気がしますが、、

バルトロメオが仲間になる理由

これはルフィの熱烈なファンであるという一点です。

 

以上が、私が知っているネットなどで噂されている「仲間(麦わら一味)候補者」です。

それぞれ根拠がありますが、微妙なものもありますね。

ここからは私の考えですが、もしかしたらレベッカが麦わら一味に加入することもあり得るのではないかと思います。

レベッカは女性なので、麦わら一味に女性が増えるという意味でバランスがとれそうです。

そして、ルフィがコロシアムで優勝してメラメラの実を手に入れた場合、それをレベッカにあげるのではないか?とも考えています。

そうすれば、ロギアの能力者が麦わら一味に入ることになり、ロギアで女性ということでいい感じにまとまるのではないでしょうか?

ですが、この「レベッカ麦わら一味加入説」に対する反対意見が既にネット上にありました。

レベッカは夢(目標)を持っているが、海の外に対するものではない。

国の内側での目標なので、麦わら一味に入らない。

という意見でした。

しかし、このレベッカの夢は後からもっと明かされるかもしれませんし、解りませんね。

あと、レベッカの戦闘服の露出度が凄いです。

個人的にはここが怪しいです。

ONE PIECEという作品は男性を狙っている女性の描写が多いので、ナミ、ロビンに続いて、更に肌の露出が多いレベッカを麦わら一味に仲間入りさせるんじゃないかと読んでいます。

以上は私の予想の一つです。

ですが、この予想は本命ではありません。

サボ本命の予測は、サボです。

「サボがメラメラの実を食べる」という話には実は結構深い根拠のある考察があります。

ワンピース探求王という本にその辺りの考察が深く書かれています。

メラメラの実をルフィが勝ち取って、そのままサニー号に保管。

その後、サボの生存をルフィが知って、サボが仲間になり、メラメラの実を食べてロギアの能力者が麦わら一味入り。

そいういう流れだと考えています。

もし麦わら一味が尾田先生が好きだというサッカーと同じ11人構成になるとしたら、残りの2名は私個人的には深い因縁が必要だと考えています。

今の麦わら一味のメンバーはルフィと苦楽を共にした者達です。

そのため、子供の頃に共に戦ったサボが仲間になる可能性は高いと思います。

サボは自分が船長になるつもりで海賊を目指していましたが、今は恐らく革命軍です。

サボが革命軍ドラゴンの元で世界のあらゆることを知って今に至っては気持ちが若干変わって、最終的にはルフィの共助者として仲間になるのではないでしょうか?

そして、またルフィと因縁が深いジンベエは既に後で仲間になることを約束しています。

なので、麦わら一味10人目、11人目(ルフイの仲間9人目、10人目)は、サボジンベエだと予想します。

サボの正体はドフラミンゴではない理由


サボサボの正体がドフラミンゴじゃないか?という説がありますが私の考えでは違います。

そもそもなぜサボドフラミンゴ説が出てきたかということから考えてみると、、

  • ドフラミンゴがサングラスを外したことが無いこと
  • 髪がサボと同じ金髪だということ

この2点からだと思います。

ドフラミンゴの若い時また、ONE PIECE第0巻に登場する20年以上前のロジャー公開処刑の時のドフラミンゴサボと同じように頭にゴーグルを付けていたことからそう考えている人がいるのかもしれません。

しかしながらこの「サボ=ドフラ説」は普通に考えて違います!

ドフラミンゴの年齢も41歳と既に公開されていますし、20年以上前のロジャー公開処刑の際におそらく成人している年齢の姿で出てきている時点で年齢設定がサボと全く合いません

サボの年齢はエースと同じくルフィより3歳年上であるので、現在は22歳のはずですし、エースと同い年なのでロジャー処刑当時は生まれているかいないかです。

ここから考えてもサボ=ドフラミンゴ説は、どう考えても飛躍し過ぎです。

尾田先生が読者を驚かせるためにドフラミンゴの年齢を偽って公開していると考えるものちょっと無理があります。

尾田先生はそういう間違った伏線を引いたりはしないはずです。

読者に対してちゃんと意味のある伏線を事前に描くのが尾田先生のやり方だと思います。

また、もう一点としては、ドフラミンゴは天竜人と関係の深いポジションにいると考えられます。

七武海を辞めたという偽りのニュースを流すことができたのはドフラミンゴが天竜人と深くつながっていて、天竜人の力を借りて偽りのニュースを流すことができたと考えるのが妥当ではないでしょうか?

サボは「貴族に生まれて恥ずかしい」と発するほど貴族を嫌っていますので、天竜人のような世界貴族と良い関係を持っているとは考えられません。

そして、ドレスローザの国王として君臨しているのも貴族が嫌いなサボらしくありません。

サボの性格と人生経験からして、サボはほぼ間違いなく今革命軍にいるはずです。

サボドフラミンゴだったら、面白いのかもしれませんが、それは飛躍し過ぎた話ではないでしょうか?

ジョーラの悪魔の実「アトアトの実」確定!

んざましょーONE PIECE第718話の公開によって、トレーボル軍ジョーラ悪魔の実の能力とその名前が解りました。

アトアトの実

私、自分でこの名前を予想したんです。

そうしたら、ネット上に同じように名前を予想している人が沢山いたようで「アトアトの実」と検索してこのブログに訪問する人も沢山いました。

アトアトの実

ズバリ的中でした!

なんかバンダーデッケンのマトマトの実みたいです。

この号で「おもちゃに変える能力者は他にいる」というジョーラの発言があったので、ドレスローザの玩具たちの正体がジョーラの仕業でないことも確定しました。

それにしてもドレスローザ編は、おもちゃとか小人とかメルヘンチックなストーリー展開になっていますね。

しかし、なぜワザワザおもちゃに変える能力者とアートに変える能力者に分けたのでしょうか?

気になるところです。

私個人的には、糸を使ったり操る能力をドフラミンゴが持っていて、そのファミリーたちは、おもちゃとかアートとか操り人形とかマリオネットに関連している能力者になっているので、ドンキホーテファミリーは「操り人形」つながりの軍団なのではないかと思いました。

ドン・キホーテファミリーの元にいる一人一人が凄い実力のように思います。

ジョーラの芸術爆発能力は避けることができればいいのですが、その攻撃範囲がどれくらいなのかも判りませんし、今のところかなり強い感じがします。

これほどの能力者が王下七武海傘下のトレーボル軍といういちグループのいちメンバーでしか無いというのが凄いです。

ドン・キホーテファミリーの計り知れない力を感じます。

今後が楽しみですね!

ドレスローザのおもちゃの正体はジョーラの能力ではなくこの娘?


ジョーラ最近話題のトレーボル軍のジョーラですが、彼女がドレスローザの国民をオモチャにかえたんじゃないか?と言う予測をする人が多かったようです。

ですが、ONE PIECE第718話の公開によってドレスローザのオモチャの正体はジョーラの能力によるものではないことが明らかになりました。

まだ日本語が出る前の中国語翻訳のネタバレの段階ですが、天候棒までアート化されたナミの「おもちゃにされた」いう指摘に対して、ジョーラ「オモチャではなくアート」だと明言しています。

さらにその後、「ドンキホーテファミリーにはジョーラ以外にオモチャに変える能力者がいる」ということも明言しています。

アートなのかオモチャなのか、ずっと気になっていた人も多いでしょうが、今回明らかになってスッキリしましたね。

それにしても紛らわしいです。

じゃあ誰がドレスローザの国民の多くをオモチャに変えてしまったのか?

またそのオモチャにされた家族の記憶を失わせたのか?

オモチャに変えたのと記憶を失わせたのは別人なのか?

などなどが今後気になります。

オモチャの兵隊の言葉からするとオモチャに変えたのと記憶を失わせたのは同一人物のように思えます。

とにかくドフラミンゴが10年前に王位についた時に連れてきた能力者は、とんでもない力を持っているということです。

その能力者が一体誰なのか?と言うと、ネット上で噂になっているのがこの娘です。

オモチャの能力者オモチャの能力者

国民の大半をオモチャに変えるだけでなく、家族の記憶をも消してしまうという強大な能力でありながら、このひょうひょうとした子供!

これは尾田先生ならやりそうな設定ですね。

カイドウの正体は人間を超越した生物?


ライオンルフィとローが同盟を組み四皇の座から引きずり下ろそうとしている「百獣のカイドウ」

ファンは、このカイドウの正体がメチャクチャ気になっているはずです。

この百獣のカイドウは、ゾオン系悪魔の実を食べた人と考える人が多いようです。

多い意見としては、ゾオン系「ネコネコの実モデルライオン」とか、、

だいたいゾオン系悪魔の実を食べた人間と考えている人も多いかも知れません。

ですが、人間ではないと考えている人も少なくないでしょう。

やはり私としても人間ではないと予想しています。

なぜかというと、その伏線としてローのセリフに「地球上で最強の生物」

それに対してのナミのセリフ「人間じゃないの?」がありました。

わざわざ「生物」「人間じゃない」と言う言葉を事前に見せている所に意味があるはずです。

じゃあカイドウもベポやペコムズのような存在なのか?と言うところですが、そうだとしたら、「動物」と言う言葉を使うと思うんです。

わざわざ「生物」という言葉を使うというところが非常に気になります。

生物生物と言うと動物、植物から更にはアメーバとかプランクトン、バクテリア等も含まれます。

更に地球上で最強と言うことなので、あの巨大生物「海王類」よりも強いということを意味するのかもしれません。

以上のようなことを踏まえると、やはりカイドウはゾオン系悪魔の実を食べた人間ではなく、何かの生物ではないかと思います。

またひとつ気になるのがローのセリフ「話の通じる相手じゃない」です。

これも人間ではない凶暴な生物であるという事の伏線かも知れません。

もちろん、全く会話ができない人格の無い存在だとしたら、海賊の頭になることはできないので、それはないはずですが、人間と話すことはできるが、普通の人間のように会話が通じる存在ではないかも知れません。

ただ海賊のトップになるということは、それだけの人間的器(うつわ)なりそれなりのものが必要です。

なので、恐らく超凶暴な生物でありながら、部下がついてくるような何かがあるのでしょう。

それが、人間的器なのか「圧倒的な強さによる恐怖」なのかは分かりませんが、海賊のトップになるだけの理由があるのは間違いないでしょう。

とにかく人間ではなく生物だというのが私の予想ですが、「百獣」という言葉も意味があると思います。

「百獣」と言うことは、あらゆる獣という意味もあります。

また「百獣」と言うと、ライオンです。

以上の内容から、ここで私の思いついたカイドウの正体を言います。

カイドウは、地球上のあらゆる生物の能力を持ったライオンをベースとした生物ではないでしょうか?

元々はペコムズのようなライオンで、そこに人造悪魔の実や何らかの改造等を施して、あらゆる生物の力を持っているのではないかと思うのです。

このカイドウの正体を予測するのは、非常に難しいところですね。

先が楽しみです!

トレーボル軍ジョーラの能力は玩具に変える能力じゃない?


芸術ONE PIECE第714話でドンキホーテファミリートレーボル軍ジョーラと言うキャラクターが登場しました。

そして、ナミ、チョッパー、ブルック、モモの助の姿が衝撃的に変わってしまっていました。

これを「おもちゃになった」と言う人が多いですが、実際には玩具じゃないようです。

ジョーラが「こみ上げるイメージ」「解放」「美」等と言っていることからも解りますが、これはまるでピカソの抽象画等の絵画のような姿になってしまう能力のようです。

ジョーラの能力は芸術のような姿にする能力であって玩具にする能力ではないようです。

ですので、現在まだとして残っているドレスローザのおもちゃ達の正体については未だ解明されていないことになりますね。

あるいは、ジョーラが芸術のような姿にするだけでなく、玩具にも変えることができる能力とも考えることはできますが、そうだったとしたら、今回の場合も最初からおもちゃに変えるはずです。

なので、ドレスローザの玩具達は確かに悪魔の実の能力で変えられたとは思うのですが、ジョーラではないように思います。

じゃあ誰なのかというと、やっぱりおもちゃといえば、あの子。

ドフラミンゴの近くで、指に果物を刺して食べていたあの子供ではないでしょうか?

こうやって、伏線、謎が重なりまくるのがONE PIECEの魅力ですね。

トラファルガー・ローの胸のハートのタトゥー(刺青)は伏線か?


ハートトラファルガー・ローの胸の刺青が最近になって公開されました。

ドフラミンゴの海賊団のマークにハートの形がついています。

今になってこのタトゥーが出てくるというのが気になった人も多いのではないでしょうか?

ベビー5&バッファローとロ<ーの戦闘の時にバッファローが「ドフラミンゴがハートの席を開けている」ということを口にしています。

この描写と胸のハートのタトゥーの描写が、今後ローが「ハートの海賊団に戻る」ことへの伏線ではないかという噂があります。

わざわざハートの席を開けていることと今になってハートのタトゥーを読者に見せるということが、とても匂わせているというわけです。

ですが、私個人的には、ローは戻らないと思います。

そもそも、トラファルガー・ローが戻ると言う選択を選ばないと思うのです。

戻るなら死を選ぶのではないでしょうか?

そして、ドフラがハートの席を開けていると言っても、ローを殺すことをヴェルゴに命じていますので、ハートの席にローを戻そうとは今は考えていないと思うのです。

ドフラが712話の最後で「お前を殺したかった」と言っていますが、ヴェルゴに命じたことからしても、ローを殺したいというのはは本気だと思います。

ですので、ハートの席を開けていることやローの胸のタトゥーを最近見せたことは、ローがハートの席に戻る伏線ではないと考えます。

ではなぜ今になってハートのタトゥーを見せたのかというと、ドフラミンゴとローの因縁を読者に改めて感じて欲しい作者の意図なのではないでしょうか?